今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

資本主義・グローバルエリート・天理教の祈り 夏休みが取れたから京都にいってきた

有休がとれたので、京都に行くことにした。なぜ、京都か。夜行バスが激安だったからである。なんと1900円。ファミチキ10個ほどの価格である。ああ、悲しきかな、ありがたきかな低価格競争。LCCしかり、交通機関の値下がり競争には驚かされるばかりである。学生の頃であれば、間違いなく、1900円の夜行バスを使っていただろう。しかし、もう、私は、リッパな労働者である。勇んで3600円のバスのチケットをネットで購入した。

 

夜行バスほど人の体力を奪っていくものもない。体力の回復を図るのが睡眠であるはずなのに、起きると疲れているのである。すべての予想通り、朝6時30分に京都駅前につくと体はジェットコースターに5回乗り、10キロ歩いて、1時間正座で座らされたような疲労感で横溢していた。駅前にそびえたつ、京都タワーなど見やっては、朝っぱらから、ため息がこぼれた。

 

吉野家に入って朝食をとりながら検討をおこなう。京都で、何をしよう。もう、京都に来るのも4~5回目である。主要な神社仏閣などすでに行ってしまっている。なんとなく、安いし行ってみるかとふらふらやってきたはよいものの、実際に来てみれば、行きたいところも特にないのである。

 

吉野家の、味噌をお湯で溶かしただけとしか思えない、本当の意味でミソスープというべき武骨なみそ汁を飲んでいると、神託が降りてきな。”お前は金閣寺に行ったことがないぞ”そんな有名なところにいったことがないなどあるのだろうか。しかし、他に当てがあるでもなし、では行ってみようということで、武骨みそ汁を飲み干し店を出て、駅前でレンタル自転車を借りることにした。

 f:id:kikuchidesu:20161105200931j:plain

 

京都は寒い。春は馬車に乗ってくるらしいが、冬は夜行バスに乗ってやってくるのだろうか。件の夜行バスに殺られ、生まれたての小鹿のどとく貧弱になってしまった足腰に鞭を打ち、鴨川で鴨を眺めたり、本願寺を横目で流し見たりしつつ、寄り道しながらせっせと坂を上り、1時間半。

 

f:id:kikuchidesu:20161105200537j:plain

 

金閣寺は姿を現した。しかし、金閣寺を見た、その瞬間、あ、金閣寺来たことあったわという、厳然たる事実に私は立ち尽くした。

 

f:id:kikuchidesu:20161105200609j:plain

 

群れをなす修学旅行の浮かれ女子高生たちに囲まれ、ひとまず挙措を正してみる。うーむ、何をしようか。一人で来たのでしゃべる相手もいない。暇つぶしに京都駅に着いた時に撮った京都タワーの写真をFBにあげる。するとすぐタイ人の友人からメッセージが飛んできた。

 

「へーい、きくち!おれも来月京都いくぜ!」

 

「そうなんだ!京都はいいところだよ~」

 

「ここに泊まるんだ、この辺はどんなところ?」

 

リンクが送られてきたので、開いてみる。

 

 

 

 

一泊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

である。

 

 

私が、4000円の安ホテルに泊まっている間に、同い年のタイ人の彼は伝統と趣を感じさせる 4万円/ の洒落旅館に泊まるのである。これがグローバリゼーションか…と戦慄いた。タイでラジオDJもやってるらしい、英語ペラペラ外資系金融マンと、トウキョーの片隅に生息するしがないサラリーマンでは、所得など比べるべくもないのだけど。

 

彼と出会ったのはオーストラリアの語学学校であった。その頃の彼といえば、ひ弱でヒョロヒョロな人懐っこい男だったのだが、いつの間にかフェイスブックに自分の隆々たる筋肉を映した写真を上げるようになり、気が付けば、ムキムキラジオDJグローバルエリートになっていたのである。

 

そんな、英語ペラペララジオDJ外資系金融タイ人の友人が、来月きくちも京都一緒に回ろうぜとメッセ―ジを送ってくる。

 

君が旅館代持ってくれるならばやぶさかでない、などというというしみったれた言葉を、心の片隅に幾ばくか残っていたプライドによってしまいこみ、休みが取れたらね。と返信する。

 

世界の現実をまざまざと見せつけられた私は、京都はもういいやという気になり。

 

電車に飛び乗った。そうだ、天理へ行こう。一度行ってみたかった宗教都市へ行こうではないか。

 

つづく(つづかない)

川上弘美の「真鶴」を読んで真鶴市観光をしてきた。どかどか聖地巡礼の旅

川上弘美という作家がいる。ついこの間、泉鏡花賞をとって話題になったようだ。代表作の一つが「真鶴」という小説である。

 

主人公は、失踪してしまった夫の日記帳に書いてあった「真鶴」という言葉に駆り立てられ、東京と、真鶴の間をいったり来たりする。ざっくりいうとそれだけの小説である。ちなみに、夫の名は礼といって、0つまりゼロで不在である。存在しないこと、存在すること。そういったことについて言葉をつづるというのはどういった行為なのか、とかそんなことがテーマになっている小説である。

 

と、まあ、ありきたりな感想を書いてみた。私自身が、川上弘美のよい読者かというと、全くそんなことはなく、数ある著作の中で、読んだことあるのは、この真鶴だけで、かといって、この本に痛く感銘を受けたとかそういうわけでもない。

 

ただ、文学研究科の院生の先輩と、旅行に行くためのひとつの口実としてこの真鶴という本が用いられただけのはなしである。好きな子と遊ぶために、映画に興味があるふりをしたりするみたいなアレである。

 

先輩とは意味もなく、集まりっては飲んでいたので、いつぞやの話である。 

 

川上弘美にかこつけて、真鶴に行くなどどうでしょう。」

 

「いいね、行こう」

 

「何がありますかね」

 

先輩はウィスキーを傾けて言った。

 

「たぶん、何もないんじゃない」

 

「いや、行けば、何かあるでしょう」

 

「そう…」

 

その場にいた、文学部の後輩の強制連行も決まり、真鶴へのお出かけは決行されることとなった。

 

東京は池袋より、電車で揺られること、2時間、真鶴駅に到着した。わたしと先輩は一緒の電車で、チェーンスモーカーの後輩は先について煙草をもくもくと吸っていた。

 

 

f:id:kikuchidesu:20161019222954j:plain

 

何とも渋い。 

 

この半島が鶴に見えることから、真鶴という名前になったらしい。

 

 

f:id:kikuchidesu:20161019223153j:plain

 

 

「これはたしかに鶴だわ」と先輩は言う。

 

「え、どこがですか」

 

「え、どうみても鶴でしょ」

 

「え、」

 

人によって、この形が鶴に見えたり見えなかったりするようである。わたしは、いまだに、何が鶴なのか、かけらも理解することはできない。しかし、何百年と使われてきた地名である。これはきっと鶴なのだ。

 

この真鶴には、鶴ともう一つ有名なものがある。鰺である。秋晴れの青い空、坂道を登ったり下りたりしながら、駅から徒歩数分のところにある、みなと食堂という定食屋へ向かった。なんと、長蛇の列。真鶴では有名な店らしい。

 

なかなか、順番は回ってこない。後輩は店先でうまそうにぷかぷかと煙草を吸っている。

 

いよいよ、列が減り、席に座り、注文をした。鰺の定食である。これがおそろしくうまかった。鰺の旬がいつなのかは、寡聞にしてよくしらないのだけど、油がたくさん載っていて、口の中がとろけそうだった。フライなど、さくさくふわふわでじゅわじゅわなのだ。

 

f:id:kikuchidesu:20161019224241j:plain

 

腹を満たした我々は、チェックインをすますべく、入船という旅館へと向かった。小説の中では、たしか砂という民宿に泊まるのだけど、そんな民宿は存在していない。もちろんフィクションなので当たり前なのだが残念である。

 

真鶴はユーミンの悲しいほどお天気が脳内再生されそうな雰囲気の街だ。道は港までの緩やかな下り坂で、潮風がゆったりと吹き上がってくる。観光地化もあまりされていなく、日々の生活がにじみ出ている感じがすきである。

 

f:id:kikuchidesu:20161020000838j:plain

 

 

旅館につき、ドアを押し開ける。受付には誰もおらず、用事があるものは、ここに電話しろというメモが台の上に残されていた。内線番号を叩くと、おじさんが出た。気さくな声で。いまから、美人な女将が向かうからちょっと待っててと。

 

なるほど、深津絵里似の、きれいに着付けた着物姿の色白の女将が、ちょこちょこ小走りにやってきて、「すみませんね、お待たせしてしまって、ささ、こちらへ。今日は、どちらからお越しになったんですか」

 

「いやまあ、ちょっと、東京のほうからね、はは」

 

「そうですか、手狭なところですがどうぞごゆっくりなさってください」とやさしい微笑みを投げかけてくるのだ。

 

3分ほどそんな妄想にふけっていると、女将が現れた。耳にピアスを10個ほどつけ、パンク趣味な服で身を包んだ女将が。

 

確かに、かわいいのかもしれない、がしかし…女将の概念からあまりにもはなれていないだろうか。もちろん、 勝手に妄想していたのはこっちである。やや納得いかずも、まあ、これはこれで、面白くてよいではないかと思いつつ、予約してたきくちですと告げると、パンク女将はこう言った。

 

「私たち、どこかで会ってますよね」

 

もちろん、あったことはない。

 

神妙な面持ちで、どこかで見たことあるような気がするんだけどな、なんて言ってくる。

 

後輩が近寄ってくる。

 

「あの人ちょっとやばくないですか…」

 

パンク趣味ではあきたらず、第六感働く系女将だったようである。ちなみに歳は30前半くらいだろうと思われる。こんな片田舎で、いかような曲折を経てあの濃いキャラクターは生み出されたのだろうか。

 

広間を横切り、女将に部屋まで案内される。

 

「真鶴はね、お魚がおいしいですからね」

 

「それはすばらしい」とわたしが言うと

 

テトラポッドを挟んで向こう側の岸のに酔いっていうお店があって、そこに行くとおいしい煮つけが食べられて、飲み食いしても3000円いかないよ」

 

「それはよい。きくちくん、今日はそこにしよう」 

 

「はい、まちがいないですね」

 

女将はスパンコールばりのピアスたちを燦然と輝かせながらにやり笑みをうかべ、ああ、布団干しっぱなしだったと慌ただしくどこかへ消えていった。少しほこりくさい畳張りの部屋で、秋だというのにガンガンクーラーをかけて、 日差しの差し込む窓辺に、寝っ転がった。

 

「これからどうしましょう」と後輩が言う。

 

「そうねえ、まずは、日本酒を買いに行くか」

 

先輩は大学院のストレスを酒で発散させるのが日課となっているらしい。

 

でも、その酔いって店行くんですよねと私が聞くと

 

「ばかだな。部屋で二次会するに決まってるだろ」

 

「先輩は夜更かししない人間だからどうせすぐ寝るじゃないですか」

 

「きくちくん、ちょっとだまってて」

 

先輩は、こいつはいかにも不遜なやつだという視線をこちらに向けて、じゃいこっかとつぶやいた。

 

疲れたので終わり。

暇で暇でしょうがない日曜日には宅飲みをするのがよい。

日曜日といえば次の日が月曜日になることで有名な曜日である。サザエさん症候群なんていう言葉があるように、何かが終わってしまうような、何かが始まるような、そんなそわそわした気分にさせる、それが日曜日である。

 

椅子に座ってじっと壁を見つめる。うーむ、ヒマである。無性に一日が長いような気がする。歳をとってくると素直に寂しさの片鱗を他人に見せることは一定の勇気がいることのように思われる。しかし、暇なものは暇であり、退屈なものは動かしがたく退屈なのである。

 

器用にシュパっとフリックをはじき、何人か友人に連絡をしてみる。類は友を呼ぶものであり、暇を持て余す友人をふたり呼ぶことに成功した。雨が降っていて外に出るのも億劫なので、自分の家に呼ぶことにした。

 

友人が沖縄に行っていたらしいので、お土産のオリオンビールを飲むことがお題目である。 ”爽快といううまさ”!!

 

http://www.orionbeer.co.jp/brand/draft/images/top01.jpghttp://www.orionbeer.co.jp/brand/draft/

 

最近といえば肌寒さも日に日に増すようであり、夏も風前の灯、というより、もうただ秋の折なのであったが、オリオンビールを飲めば、沖縄の照り付ける日差しや穏やかな風光、失われた夏の面影にすがれるするように思われた。

 

一時間もしないうちに狭苦しい私の部屋に友人がやってきた。待っていましたとばかりに、ビールを飲む。何やら朝からどこかを歩き回っていたらしい友人は、ぐびぐびプハーっと豪快にビールを胃に流し込む。わたしの3日分の食事になるはずだった貴重な炊き込みご飯をみんなで食べ、気が付けば炊飯器が空になる。

 

ああ、全部食われてしまった…。そもそも自分から炊き込みご飯食べる?と言い出したので、しかたがない。うまい、うまいと食べてくれたのでまあよいかと思い直す。

 

テレビをつけて、ありふれた会話でひとしきり盛り上がる。人が増えて食事のにおいに反応したのか、空気清浄機が出力を上げる音がした。コーというかぼそい音がする。何やら生命体のようで、少し愛着がわいてくる。

 

「やや!君はこんな本を読むのかね」と友人が立ち上がり、本棚から、「聖の青春」を取り出して読み始める。黙々と読んでいるので、部屋には沈黙が訪れた。もう一人の友人が突如訪れた静けさに耐えかねたらしく、

 

「これひいていい?」と言って、部屋の隅に立てかけてあった電子ピアノを引っ張り出してくる。中学生の頃、合唱コンクールで弾いたらしい曲を得意げに演奏する。しばらく弾いていないらしいが、その指さばきは極めてなめらかであった。

 

最近、ピアノを習い始めた私よりも全然うまい。うむむ。なかなかやるではないか、しかし、見ていろ、2年もすればそれくらいチョチョイのチョイで弾けるだ。

 

かたや、読書に耽り、かたや、ピアノを気持ちよさそうに叩いている。何もすることのなくなり、自分の部屋なのに一人取り残されたような気分になる。日曜日には、どうしたって寂寥感が付きまとうものだ。ビールで少し火照ったわたしの頬を空気清浄機の排気がふわふわとなでいるのだった。

  

2016年はポップソングの黄金期なのではないだろうか

2016年、すばらしくい楽曲が同時多発的にぽんぽんでてくる。

 

これは黄金時代と言わざるをえない!!

 

渋谷系が収束して20年ほどたち、やっとポップソングは息を吹き返した!!

 

 

LUCKY TAPES / TONIGHT!

www.youtube.com

 

LUCKY TAPESはかっこいい曲が本当に多い。

歌詞がキャッチ―

 

LUCKY TAPES 「TOUCH!」

www.youtube.com

 

 

 

サニーデイ・サービス「苺畑でつかまえて」

 

www.youtube.com

 

もはや大御所?ですが、最近の楽曲はほんとにすばらしい!!

 

サニーデイ・サービス「セツナ」

www.youtube.com

 

 

そういえば、サニーデイサービスは新しいアルバムのジャケットが永井博だった!

f:id:kikuchidesu:20160904135708p:plain

 Amazon CAPTCHA

 

 

 

 

 

 

 チープな作りがかっこいい。都会的!

王舟 「メビウス

www.youtube.com

 

 

チャラい。曲名もLOVE,Ya!だしな。とはいえいい曲。

フレンズ「Love,Ya!」

www.youtube.com

 

 

オーガニックなかんじ

1983「文化の日

www.youtube.com

 

 

いわずとしれたリリカルスクール。夏です。

lyrical school「サマーファンデーション」

www.youtube.com

 

「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」

ゴーギャンの有名な作品ですね。

ラッキーオールドサン「ゴーギャン

www.youtube.com

 

いきなりポエトリーリーディングが始まる、実験的なアイドルソング。

欅坂46 「世界には愛しかない」

www.youtube.com

 

 

7人になって、カタカナからローマ字にかわったKIRINJIと RHYMESTERのコラボ。もはや過去のキリンジの面影はかけらもない。しかし、とんでもなく、めちゃくちゃかっこいい。一時期Youtubeの広告で毎日サジェストされてた。

KIRINJI 「The Great Journey feat. RHYMESTER

www.youtube.com

 

 

清竜人25 「アヴァンチュールしようよ♡」

www.youtube.com

 

清竜人が夫人と呼ばれる女性メンバーを従えて、ど真ん中で踊り歌う、謎のアイドルグループ。ミュージカルっぽい。歌詞がとにかくあたまが悪くて脳がとけそう。それがよい。

清竜人25 「Will♡ You♡ Marry♡ Me?」

www.youtube.com

 

マイガールマイガール

シャムキャッツ -「マイガール

www.youtube.com

 

そこはかとない、テラスハウス

Awesome City Club 「Don't Think, Feel」

www.youtube.com

 

 

最後のほうはめんどくさくなってしまった。

 

 

とにかく、最近いい曲がおおい!!! 

 

 

以上!!

 

 

アイドルライブ入門 初めてでもライブを楽しむために 乃木坂46 真夏の全国ツアー2016~4th Year Birthday Live~ 神宮球場初日

信濃町の駅のホームで小さなボトルのキャップをひねって一口飲みました。のどが焼けそうです。ボトルの中身はウイスキー。はたから見れば、自殺しようとしてる人か、よっぽどのアル中のように見えたでしょう。

 

なぜ、ウイスキーを飲んでいたかというと、できるだけ、理性を低める必要があったからです。そう、決戦は日曜日。今日は乃木坂のバースデーライブの日。

 

f:id:kikuchidesu:20160829232625j:plain

 

高校生の時には、Perfumeポリリズムが発売される一か月前に、エレクトロワールドを聞きドはまりし、大学生の時には、ミライボウルが発売されたあたりで衝撃をうけ、一時期、中毒のようにももクロを聞いていたり、前田敦子のAKB卒業コンサートに涙を流しそうになったりしていた私ですが、今まで、アイドルのライブというものに行ったことがありませんでした。

 

乃木坂は、走れ、bycycleあたりで聞き出して、君の名は希望でとんでもない曲が生み出されてしまったと震撼したりしていたのですが、最近は曲が好みじゃなくなってきていたので、あまり聞いていませんでした。そんなところに、お友達がチケットを二枚とって余っているという連絡をくれて、はせ参じることになったのです。

 

つい先ほどアイドルのライブに行ったことがないといいましたが、正確に言うと一度、行ったことがありました。仮面女子というアイドルの秋葉原公演です。しかし、これは物見遊山でしかなく、後ろのほうでこれがアイドルのライブかとちょっと冷めた目で見ていました。

 

しかし、今回、乃木坂のライブに行くことになって、もう後には引けないのだという感覚がありました。行くからには、楽しまなければならない。サイリウムも振るし、コールもするのです。それが、アイドルのライブに行くことを決意した者の最低限の責務でしょう。

 

駅でぐぐぐっとストレートのウイスキーをのどに流し込み、ミニボトルの2/3ほど飲んだところでごみ箱に捨てました。胃が熱をもったような気がしました。そういえば、朝から食べたものといえば、目玉焼きとベーコンくらいではないですか。

 

 

f:id:kikuchidesu:20160829232548j:plain

 

神宮球場まで歩いていると、酔いが回ってきました。入場ゲートの前で、友達と待ち合わせをします。久しぶりだね!なんて挨拶をかわすも、曇り空で肌寒いくらいなのに、汗がだらだら出てきました。ウイスキーの力はすごい!

 

これは盛り上がれそう。そんな確信を胸にアリーナで開始を待ちました。3分前になり、カウントダウンが始まります。普通10秒前とかからなのではという疑問が頭をよぎるも、自然と気持ちが高まってきます。

 

そして、一曲目ぐるぐるカーテン!発売順!これはうれしい!手をふりあげて、聞いてしまいました。しかも距離が近い。メンバーまで100メートルないくらいの位置で見ることができました。すべからくみんな色が白くて細くて顔が小さい…

 

まって、みなみちゃんめっちゃ可愛くない……?などと呟いていたら、友達がサイリウムを貸してくれました。狼に口笛をでぐるんぐるんサイリウムをふる私。楽しいな…しばらくすると、せっかちなかたつむりが流れてきました。おもわず、超絶かわいいまいやんとコールしました。ゆらゆら揺れる数多のサイリウムと、画一的なコールのかもす会場の一体感。ほんとうに宗教の熱量です。中盤をすぎ、制服のマネキンが空間を割るような大音量で流れて、テンションも最高潮。

 

このあたりから、台風到来に負けず、なんとか持ちこたえていた天気が少しづつ崩れてきました。小雨の降りしきるステージに、すっとグランドピアノが上がってきました。生ちゃんがあなたのために弾きたいを弾き語りします。雨にかすむステージに黄色いサイリウムに染まった会場、透き通ったピアノの音色、ライトが照らしだす超然としたたたずまいの生ちゃん。それはそれは、幻想的でした。美しいってこういうことを言うんだろうなって思いました。

 

最後の曲は、君の名は希望。生駒ちゃんがセンターの曲です。きりっとした顔で歌うんですよね。かっこよかったなあ。センターでデビューして4年間いろいろなことがあっていろいろな思いをしたんだろうなあって思ったりして少し泣きそうでした。これからもがんばってほしい!

 

曲が終わりに近づいてくると、花火が上がりました。小さな花火でしたが、とても胸に残りました。ぐいぐいウイスキーを流し込んで、何かを手に入れて、たぶん何かを失ったライブ参戦になりました…今年もあっという間に夏が過ぎていったなあ。雨に濡れながらみた花火も、火薬の残り香もきっとすぐに忘れて、気が付けば、また、夏が来ているのだろうなあと感傷的になりました。