今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何か考察するブログ

元Especiaメンバー冨永悠香のソロ活動 HALLCA がとてもよい。デビュー作「Aperitif e.p」

サイケデリックな映像にディスコサウンドをあてたヴェイパーウェイブっぽい音楽で人気を博していたEspeciaが解散してしばらくの時間がたった。 アバンチュールは銀色にはほんとに名曲 www.youtube.com Especiaのリードボーカルだった冨永悠香がソロプロジェ…

そこのあなた!東京大学の情報学環教育部という謎組織に入りませんか!

東京大学に情報学環教育部という教育組織がある。学部でも大学院でもない謎の組織である。所属している人たちからは、教育部とか、がっかんとか呼ばれている。2年間の教育課程で、情報、メディア、ジャーナリズムあたりの分野を学ぶことができる。学費は年間…

神々しき頂をたたえる海鮮丼、伊東市の伊豆高原ビール本店レストラン

土日で静岡県は伊東に行ってました。お昼時、おなかが減ったなあ。海鮮丼でも食べよっかとだらだら話し、ながれついたお店がこちら。 伊豆高原ビール本店レストラン 伊豆高原ビールと漁師めし 予約しないで13時ころ行ったのですが、10分も待たずに入れました…

PayPayのアプリに登録しようとすると無限にアップデートのお願いをされてしまう場合の解消法

空前絶後のPayPayブームが来ておりますが、アプリを入れようとしたら、アップデートしてくださいの一点張りでアプリに入れない現象が起こった!なんだこれ! アップデートのお願い 新機能の追加およびパフォーマンスを改善しました。 続行するためにアプリの…

もしかしてウラジオストクに行きたいあなたのための色々な情報(SIM、空港、移動手段、言葉など…)

初めて目次を作ってみた ↓ SIMカード 電子ビザ 言葉(キリル文字) バス トイレ 空港から市内へ 空港発の市内行きバス時刻表 空港内のレストラン ウラジオストクに行きたい人がいたら、どうぞ!参考にしてください! SIMカード 空港でSIMカードを手に入れよ…

Excelのバイナリブック(.xlsb)拡張子が優秀。ファイルサイズが削減できます。

デスクワーカーたちの味方はたまた敵であるところのExcelです。 Excelを使うとき、何万行とかいうデータが張り付けられていたりすると、○○メガ!!ファイルでか!!ってなことにまれになるじゃないですか。 でも共有のファイルサーバーはパンパンだ!!みた…

ウラジオストクの一人旅は楽しいよ。治安もよいので女性にもおすすめだよ。

夕方、ご飯でも食べようかなと思って、ゲストハウスを出た。噴水通りに出ると、一面が夕陽に色づいていた。なんてきれいなんだろうと感激してしまって、陽がまさに落ちんとす海を見に行くことにした。 海の近くの広場では、若者たちがジャズを奏でていた。哀…

100記事も書いたらしいので、自己紹介をしよう

気がつくと100記事も書いていた。これは驚くべきことである。まあ3か月くらいでやめてしまってネットの海の藻屑になっていくのだろうと思っていたら、なんだったらそろそろ3年に差し掛かろうとしている。 なぜ、ブログを書き始めたかと言えば、たしか、ツイ…

オールドレンズ「Helios M42」をもって公園へ。印象派っぽいぼやけかた

ソ連製のオールドレンズ、Helios M42です。作例のようなものとして試し撮り。 小石川後楽園だったかな…?ついた時には16時で陽が落ちてきてました。 夕陽をバックに雲の巣に垂れてたクモ。光の中に浮いているよう。幻想的に撮れていて、結構気に入っている。…

ベローチェのコーヒーゼリーが安くておいしくて最高

珈琲チェーン、群雄割拠の時代。駅を出て顔を上げれば、そこかしこにカフェが! 僕は、比較的腰が弱い。旅行で2日間小さなバッグを背負っていただけで、もう耐えられないくらいの悶絶的激痛が背中に走り、その後1週間の生活意欲をすべて喪失するというような…

マリインスキー劇場で人生初バレエを見て感動。ウラジオストクの旅⑦

ウラジオストクに行ったら、できれば、バレエを見たほうがいいと思う。そのパフォーマンスたるや、素晴らしいのだ! バレエについて全く興味がなくても、マリインスキーといわれると、なんか聞いたことあるような気がするな…と思われる人も多いのではないだ…

秋風の速度はどれくらい。静かで小さな真鶴の夜。

首都高を走るのはとても楽しい。それが夜だったなら、なおのことだ。つくしの群生のようにぽこぽこ生えている高層ビルの間を走っていく。道は冗談のように蛇行していて、東京タワーはおもちゃのように赤く光っている。好きな音楽をかけて、男たちで不気味に…

そして、浦潮本願寺跡へ ウラジオストクの旅⑥

店を出る。中央広場で、すこし休憩する。ライダーの集会があるのか、屈強な男たちが広場に集結していた。はっはっはっは的な高らかな笑い声をあげ、多くの男たちが威圧的な雰囲気を放出していた。雲はかなりはけて、青空が見えてきた。 欧米文化圏にはたくさ…

グム百貨店裏通りのShonkel Burger Dinerの真黒ハンバーガー ウラジオストクの旅⑤

おなか減ったなあということで、グム百貨店に向かう。ウラジオストクで一番大きな百貨店だ。この百貨店の裏が、グム百貨店裏と呼ばれており、若者に人気のスポットになっているらしいのだ。 かわいいらしい感じの小さな建物が並んでいる。 韓国の女の子たち…

元阿片窟の旧市街地 ”ミリオンカ” がインスタ映え ウラジオストクの旅④

ウラジオストク 2日目 朝、起きて、ミリオンカという旧市街地へ行った。曇天。 [Discover Vladivostok]: ミリオンカ街 / 名所・観光スポット このサイトによると、20世紀初頭、ミリオンカには中国人がたくさん住んでいて、買収宿、賭博場、阿片窟などなど怪…

「ローシキプローシキ」で食べるペリメニがおいしいのだ。ウラジオストクの旅③

1日目は、ローシキプローシキ(Ложки пложки)という店で、ロシア料理のペリメニを食べた。とてもおいしかった。グーグルも4.4の高評価。現地の人からも結構人気のお店らしい。ウラジオストクでご飯食べるならとてもおすすめ! 22時過ぎに店についた。まだや…

鷹の巣展望台まで夜の街を散歩をするのが最高。ウラジオストクの旅②

レーニンを拝み、すこし夜の街を散歩することにする。夜景がきれいなことで有名な鷹の巣展望台まで歩いてみる。 およそ徒歩40分。ウラジオストクの大通り、スヴェトランスカヤ通りを歩いていく。成田からわずか2時間ちょっとの距離であるにもかかわらず、建…

空港から乗合バスで市内へ。レーニン像を拝む。~極東ロシア、ウラジオストクの旅①

雲海で一面が真っ白だった。飛行機は雲の少し上を滑るようにして進んでいた。台風が近づいてきているという話だった。ぎりぎり、直撃を避けるかたちで、出国することができた。圧倒的に運がよかった。太陽は台風なんて関係ないからね、とでも言うように力強…

ウラジオストクの宇宙船ホテル、カプセルホテルゾディアックがおすすめ。

ウラジオストクで、泊まったカプセルホテルがめちゃくちゃ宇宙船だった。むかし、ツイッターで見かけて、行ってみたいなあとおもっていた場所だった。 ホテル:カプセル ホテル ゾディアック 青光り!かっこいい…… 場所:Tigrovaya ulitsa 30, 690000 ウラジ…

飯田橋で最も偉大で幸福な昼飯、三州屋の銀むつ照焼定食。

1030円。 飯田橋、 三州屋のランチ、銀むつ照焼定食。 照焼、ごはん、みそ汁、漬物の構成。 銀むつが照り輝いている。 まず、香りがよい。醤油と砂糖の大変にあまやかな匂いがたまらないのである。少し濃いめの味付けも完璧だ。加えて、ぷりぷりの触感。脂が…

ユーミンのアルバムがストリーミング解禁になったので、極私的おすすめ曲をかきたい

ユーミンのストリーミングが解禁となった。 しかし…ユーミンを前に僕たちは立ち尽くすしかない。 膨大なアルバム数、名盤だらけ、どれから聞けばいいのか…… 同世代の中では比較的ユーミンを聴いてきたものの宿命として、おすすめを書く!書くのだ!!! まず…

AmazonでHeliosのオールドレンズを買う方法、まとめ

Heliosというオールドレンズを買ってみた。1988年のソ連製。 アダプター含めて、7000円くらいだった。 ぼやーんとした感じにとれる。けっこういい! AmazonにおけるHeliosの買い方がいまいちわからなくて、調べるのに結構時間がかかってしまったので、購入法…

こうしてやっぱり夏だった

ここ最近の僕の夕飯というと、から揚げ定食一択だ。から揚げを食べに行っているのだが、基本的には、その店はカレー屋である。地元の人たちが集まってくるお店といった感じで、多くの人はみんなカレーを食べている。ぼくは、とにかくからあげばかりたべてい…

金曜日の夜に発作的に東京を脱出し、一泊二日で上高地へ行ってきた。プレミアムなフライデーだった。

木曜日に、会社の同期をつれだって回転ずしにいった。退屈な労働の日々である。金曜日、夜、どこかへ旅立って一泊して帰ってくるというのは最高なのではないだろうか、という議案を提出した。温泉のようなものがあれば、さらに最高と言えるのではないか、同…

青年よ紋別を目指せ。はまなす通りは天国で居酒屋たきは桃源郷だった。

2018年、酷暑。平成はみしみしと音をたてながら終わりを迎えようとしていた。昭和の青年といえば荒野を目指すものであった。平成の果てのわたし27歳はどこを目指せばよいのであろうか。そうだ、北海道だ、なぜだ、涼しいからだ。 成田から新千歳へ。レンタカ…

胃で踊る、北朝鮮レストランの平壌冷麺。さよなら上海 中国廃墟潜入編⑨

前:上海でおなかが壊れた僕たちの、心のベスト10、第1位はこんなトイレだった。中国廃墟潜入編⑧ - 今夜はいやほい おなかが壊れていた。それも三人同時にだ。にもかかわらず、僕たちは走らなくてはならなかった。出発まであと三分だった。搭乗口は空港東…

上海でおなかが壊れた僕たちの、心のベスト10、第1位はこんなトイレだった。中国廃墟潜入編⑧

前:おびただしい糞の落ちる月影の道を行く、中国の小さな島の夜 中国廃墟潜入編⑦ - 今夜はいやほい 翌朝、無事船は枸杞島を出発するらしいことを知った。宿のおばちゃんが教えてくれた。 おばちゃんは突如やってきた日本人たちに、紫貝のようなものを手でむ…

池袋にある中国茶館の烏龍茶ゼリーなるものがハオい

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003943/ 池袋のロサ会館のちかくに、中国茶館というお店がある。池袋北口のごちゃごちゃのなかに怪しげに店を構えている。ドアを開けると、内装がチャイナ!という感じですごくよい。最近、一部の中国クラスタの…

カメラを買い半年、写真は上手くなったのか。(みんなボーナスでカメラ買おう)

カメラを買って半年たったので、プレイバック!けっこうたくさんとったなあと思う。果たして写真はうまくなったのか。カメラは思っていたよりだいぶ面白いものだった!こんなにはまるとは。 おおむね時系列順担っていますが、いちぶ全く時間軸がずれているも…

一日16食だけのフルーツサンド。神楽坂の喫茶店「珈琲日記」(移転後)

珈琲日記という店に行った。喫茶店だ。 tabelog.com まめの深煎り浅煎りを聞かれる。どっちがどんな味かもよくわからないので、とりあえず浅煎りでと答えてみる。浅煎りは酸っぱいですよと言われたので、たちまち翻意し、深入りを頼む。サイフォンでじょぼじ…