今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

電柱の海で、恋を観測する。千葉県木更津、江川海岸

「運転するって言いましたよね」 「言ってない」 「いや、言ってましたよ……」 先輩の「俺が運転するよ」というLINEメッセージにうながされ家を出たはずが、気が付くと結局自分で運転することになっていた。シェアしているぼろぼろベンツは友人が使っていたの…

先輩は定言命法の使い手であった。ダムの話はどこへ行ったのか編。

つづきkikuchidesu.hatenablog.com 「たぶんこっちだな」 先輩はいやに細い道を進むよう指示した。 「何があるんですか?」 「たぶん何かがある」 「ほんとですか?道めちゃくちゃ狭いんですけど……」 「あ?行くっていったら行くんだよ!!大丈夫だから!」 …

Youtube のピアニスト harisenbonreiko(sorakaze)がまじめっちゃかっこいい。椎名林檎とかSuchmosとか昭和歌謡曲とか好きな人絶対聞くべき!!

一年ほど前にピアノを習い始めてから、ときどきYoutubeでピアノの演奏動画を見るようになった。ネットの海を泳いでいたら、harisenbonreikoという方がの動画に邂逅し、めちゃくファンになってしまった。まだ高校生?か大学生?くらいの年齢みたい。一番好き…

沈んだ街の痕跡を見に宮ケ瀬ダムへいってきた

友人とシェアしている40万円のぼろぼろのベンツはレインボーブリッジを渡った。 「いやあ、東京はきれいだね、やっぱり東京が一番ですよ」 摩天楼がそびえたつ景色を車窓から眺めながら先輩はひとりごちた。しばらくすると、マリンタワーが見えてきた。 「お…

本編:非信者が大川隆法総裁の講演を聞きに行く ~歌声よ響け、千眼美子「眠れぬ夜を超えて」

プロローグkikuchidesu.hatenablog.com チェーンスモーカー山田が扉に手をかけた。 「なんか、緊張するな……」ぼくは、年に数回ほどしか訪れないような緊張を感じていた。 入り口を抜けると、抗菌的な空間があった。煌々と輝る明るい照明、塵ひとつ落ちていな…

プロローグ、幸福の科学 大川隆法総裁の東京ドーム講演会を聞きに行く~非信者のケース

「なんで、ここにいるんだっけ」 僕は、呟いた。 ”我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか” なぜここにいるのか、それは、ゴーギャンも言うように、古典的、哲学的な問いである。 泉岳寺は東京正心館の前で、男4人は顔を突き合わせていた…

真夏の夜の軽井沢の別荘の万葉の花の夢

暑い、毎日が暑い。空焼きしたようなアスファルト、吹き付ける熱風、逃げ水がはいずり去っていく。そうだ、軽井沢へ行こう。軽井沢といえば避暑地、避暑地といえば、軽井沢なのである。きっと涼しいに違いないとの目論見の元、ひとり1万5千円の貸別荘を予約…

私が月なら、太陽はあなたよ Negicco ベストアルバム収録のラブソング「愛は光」が最&高

Negiccoはどれくらい有名なのだろう。新潟の地方アイドル。地方アイドルにしては有名だけど、一般的にはあまり知られていないのかな。Negiccoのベストアルバムが発売される。Negiccoの楽曲の作曲家には日本を代表するようなポップソングの名手たちが集結して…

男にとっての Kinki Kids ~難聴は大丈夫か堂本剛

堂本剛が突発性の難聴で入院したらしい。パニック障害になったり、いろいろ不安定なところがある人だ。大丈夫なのか心配だ。僕は、ジャニーズの中ではKinki Kidsが一番好きだ。中学生のころからよく聞いていて、カラオケに行けば彼の曲をよく歌った。 Kinki …

音食紀行 レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロが食べていた1500年代イタリア料理を食べに行ってきた

16世紀イタリア、ダヴィンチやミケランジェロが好んでいた料理を食べるイベントに行ってきた。お値段5000円。主催は音食紀行という団体?個人?食事と音楽による世界音楽旅行がコンセプトみたい。 twitter.com過去、変わったものを食べるイベントをいろいろ…

会いたかった、会いたかった、会いたかった、岡村靖幸に SPRINGツアー「ROMANCE」に行ってきた 千葉県文化会館

岡村靖幸のロマンスツアーの千秋楽に行く。でも三階席なんだよなというツイートをしたら、「3階席でも、岡村ちゃんの投げキッスは届きます!」「3階席でも、岡村ちゃんのエッチさは届くはず!」という熱いリプライがベイベさんたちからとんできた。岡村靖幸…

吉澤嘉代子に会いに行く。下北沢 ヴィレッジヴァンガード潜入編

下北沢という街がある。サブカルチャーの代名詞として名前があがったりする街である。きっとそこには、右を見ても左を見ても、襟をだらんとさせたバンドマンが跳梁跋扈し、自意識がもくもくと立ち上がり、店々の窓ガラスに結露してへばりついているようなと…

平成は吉澤嘉代子とともに。月曜日戦争

吉澤嘉代子の新曲が発売される。月曜日戦争という曲だ。バカリズムが脚本をかいている架空OL日記というドラマの主題歌になっている。 キラッキラした声!はじけるメロディー!すきだ!! www.youtube.com 吉澤嘉代子は同い年で、同じく埼玉出身で、なんとな…

テレビ東京の番組「家、ついて行ってイイですか」はあなたの人生の物語 ファンの家に住む30歳歌手、長渕剛ファンのパラリンピック選手、ヤギを飼う女

甘いものがすきだ。季節、湿度、時間帯などなど、様々な変数によって食べたいものはかわるのだが、 最近というともっぱら、とろーりクリームプリンが人生3度目となる空前のブームを起こしている。最寄駅からの帰り道、コンビニに寄りとろーりクリームプリン…

最近、柴田聡子がまじ好き。愛の休日は後悔

最高にポップだ!!! 背筋を伸ばして準備する 気持ちを抑えて準備する 皆は気づいてないみたい 暗闇の中で踊りだす 柴田聡子「後悔」 www.youtube.com メロディーも歌詞もなんかいいんだけど、声がとりわけよいと思う。メルヘンだけど、メルヘン過ぎなくて…

川崎工場地帯の夜。ステーキ・春闘・構造の抑圧 春はきゃりーぱみゅぱみゅとともに

これのつづき kikuchidesu.hatenablog.com そこそこの味のやや冷めているステーキを食べ終えたころ、加藤がやってきた。 加藤はわたしの友人の中ではめずらしく、きらびやかな世界で働いている広告マンであった。仕事は常に忙しいようで、何か集まりがあれば…

蠢く労働者たちののアフターファイブ、金曜夜の旅~川崎工場地帯編

これから以下の文章は珍妙奇怪な人間に囲まれてしまった、きわめてまともな人間のモノローグのようなものである。珍妙奇怪な人間とはわたしの友人であり、きわめてまともな人間とは私のことである。 「友人が変」という語りにはいささかのうすら寒さが漂う。…

結局、サニーデイサービスの名盤「東京」のジャケットはどこで撮影可能なのか問題

サニーデイサービスというバンドがいる。はっぴいえんどを彷彿させるフォークっぽいサウンドにけだるい歌詞、青年期のどうしようもない感じを切り取ることにたけているバンドだ。90年代に活躍して2000年に解散したけれど、最近になって再結成し、ポップソン…

能年玲奈、愛と革新。キリンジのエイリアンズが流れてるLINEモバイルのCMが最高な件。

テレビを見ていたら衝撃をうけた。キリンジのエイリアンズが流れているじゃないか。く~わかってるな~どこ企業のCMだ?いい選曲じゃないか!などと思いながら画面を見ていると、ハイボールを口へ運ぶ手が止まった。なんだこれ、最高だ。 www.youtube.com 能…

キリンジがローマ字になってしまってなんてこった/(^o^)\と思っている皆さん、北園みなみを聞こう!「ひさんなクリスマス」

キリンジはKIRINJIになった。 キリンジをしらない人にはなんのことやらだと思うけど、キリンジはKIRINJIになったのである。 KIRINJIはキリンジとはなかなか趣のちがうグループとなり、それはそれでよいのだけど、時々は、あの朴訥とした、よくわからないコー…

オザケンこと小沢健二さんが19年ぶりにシングルを発売したようなので感想をかいた。流動体についてという曲らしいです

ハイボールを3杯飲んだ。そして風呂に入った、夢心地の中にある文章であることを事前にお伝えしておく…… むかしから、音楽をやっている人にはふたパターンのタイプがあるのではないかと思っている。ひとつは、音がなっていることが楽しい人、もう一つは、何…

翌年、王舟っていうバンド、流行る!!Thailandかっこいい!

オタクという生命体は、おれ、アレ流行る前から好きだったんだぜと言い張るのが好きである。新海誠が流行れば、おれは「ほしのこえ」から見てたからねとか、「この世界の片隅に」が流行れば、「夕凪の街 桜の国」のことをきいてもないのに語りだしたりする。…

続・天理教の祈りと、公務員の告白 夏休みに宗教都市天理を観光してきた

というわけで、天理市へ向かうことにしたわたしは、電車に乗り込んだ。奈良線で奈良まで行って万葉まほろばなる路線へと乗り換える。万葉まほろば。洒落た名前である。まほろばとは、すばらしい場所といった意味なわけだが、万葉まほろば線に乗って、天理市…

資本主義・グローバルエリート・天理教の祈り 夏休みが取れたから京都にいってきた

有休がとれたので、京都に行くことにした。なぜ、京都か。夜行バスが激安だったからである。なんと1900円。ファミチキ10個ほどの価格である。ああ、悲しきかな、ありがたきかな低価格競争。LCCしかり、交通機関の値下がり競争には驚かされるばかりである。学…

川上弘美の「真鶴」を読んで真鶴市観光をしてきた。どかどか聖地巡礼の旅

川上弘美という作家がいる。ついこの間、泉鏡花賞をとって話題になったようだ。代表作の一つが「真鶴」という小説である。 主人公は、失踪してしまった夫の日記帳に書いてあった「真鶴」という言葉に駆り立てられ、東京と、真鶴の間をいったり来たりする。ざ…

暇で暇でしょうがない日曜日には宅飲みをするのがよい。

日曜日といえば次の日が月曜日になることで有名な曜日である。サザエさん症候群なんていう言葉があるように、何かが終わってしまうような、何かが始まるような、そんなそわそわした気分にさせる、それが日曜日である。 椅子に座ってじっと壁を見つめる。うー…

2016年はポップソングの黄金期なのではないだろうか

2016年、すばらしくい楽曲が同時多発的にぽんぽんでてくる。 これは黄金時代と言わざるをえない!! 渋谷系が収束して20年ほどたち、やっとポップソングは息を吹き返した!! LUCKY TAPES / TONIGHT! www.youtube.com LUCKY TAPESはかっこいい曲が本当に多い…

アイドルライブ入門 初めてでもライブを楽しむために 乃木坂46 真夏の全国ツアー2016~4th Year Birthday Live~ 神宮球場初日

信濃町の駅のホームで小さなボトルのキャップをひねって一口飲みました。のどが焼けそうです。ボトルの中身はウイスキー。はたから見れば、自殺しようとしてる人か、よっぽどのアル中のように見えたでしょう。 なぜ、ウイスキーを飲んでいたかというと、でき…

永井博原画展に行ってきた。表参道SPIRAL CAY。

感想をメモがてら書いておこうと思う。尚、ただいま泥酔中である。 永井博というと、大瀧詠一のロングバケーションのジャケットが一番有名なのかなと思う。世間的に、主に40~50代の方たちから(たぶん)、夏ジャケの神様という認識のされ方をされている人で…

夢で見たよな 大人って感じ? 小沢健二 「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ. Zepp Tokyo」に行ってきた

東京最終公演に行ってきました。 ライブ会場に入ったら四方八方女性でした。両隣の二人は一曲目で号泣。いやいや、泣きすぎでしょと思いますよ、当然。ところが、二曲目が「フクロウの声が聞こえる」っていう新曲だったんです。歌詞がステージの背景に投影さ…