今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

暇で暇でしょうがない日曜日には宅飲みをするのがよい。

日曜日といえば次の日が月曜日になることで有名な曜日である。サザエさん症候群なんていう言葉があるように、何かが終わってしまうような、何かが始まるような、そんなそわそわした気分にさせる、それが日曜日である。

 

椅子に座ってじっと壁を見つめる。うーむ、ヒマである。無性に一日が長いような気がする。歳をとってくると素直に寂しさの片鱗を他人に見せることは一定の勇気がいることのように思われる。しかし、暇なものは暇であり、退屈なものは動かしがたく退屈なのである。

 

器用にシュパっとフリックをはじき、何人か友人に連絡をしてみる。類は友を呼ぶものであり、暇を持て余す友人をふたり呼ぶことに成功した。雨が降っていて外に出るのも億劫なので、自分の家に呼ぶことにした。

 

友人が沖縄に行っていたらしいので、お土産のオリオンビールを飲むことがお題目である。 ”爽快といううまさ”!!

 

http://www.orionbeer.co.jp/brand/draft/images/top01.jpghttp://www.orionbeer.co.jp/brand/draft/

 

最近といえば肌寒さも日に日に増すようであり、夏も風前の灯、というより、もうただ秋の折なのであったが、オリオンビールを飲めば、沖縄の照り付ける日差しや穏やかな風光、失われた夏の面影にすがれるするように思われた。

 

一時間もしないうちに狭苦しい私の部屋に友人がやってきた。待っていましたとばかりに、ビールを飲む。何やら朝からどこかを歩き回っていたらしい友人は、ぐびぐびプハーっと豪快にビールを胃に流し込む。わたしの3日分の食事になるはずだった貴重な炊き込みご飯をみんなで食べ、気が付けば炊飯器が空になる。

 

ああ、全部食われてしまった…。そもそも自分から炊き込みご飯食べる?と言い出したので、しかたがない。うまい、うまいと食べてくれたのでまあよいかと思い直す。

 

テレビをつけて、ありふれた会話でひとしきり盛り上がる。人が増えて食事のにおいに反応したのか、空気清浄機が出力を上げる音がした。コーというかぼそい音がする。何やら生命体のようで、少し愛着がわいてくる。

 

「やや!君はこんな本を読むのかね」と友人が立ち上がり、本棚から、「聖の青春」を取り出して読み始める。黙々と読んでいるので、部屋には沈黙が訪れた。もう一人の友人が突如訪れた静けさに耐えかねたらしく、

 

「これひいていい?」と言って、部屋の隅に立てかけてあった電子ピアノを引っ張り出してくる。中学生の頃、合唱コンクールで弾いたらしい曲を得意げに演奏する。しばらく弾いていないらしいが、その指さばきは極めてなめらかであった。

 

最近、ピアノを習い始めた私よりも全然うまい。うむむ。なかなかやるではないか、しかし、見ていろ、2年もすればそれくらいチョチョイのチョイで弾けるだ。

 

かたや、読書に耽り、かたや、ピアノを気持ちよさそうに叩いている。何もすることのなくなり、自分の部屋なのに一人取り残されたような気分になる。日曜日には、どうしたって寂寥感が付きまとうものだ。ビールで少し火照ったわたしの頬を空気清浄機の排気がふわふわとなでいるのだった。