今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

翌年、王舟っていうバンド、流行る!!Thailandかっこいい!

オタクという生命体は、おれ、アレ流行る前から好きだったんだぜと言い張るのが好きである。新海誠が流行れば、おれは「ほしのこえ」から見てたからねとか、「この世界の片隅に」が流行れば、「夕凪の街 桜の国」のことをきいてもないのに語りだしたりする。圧倒的に鬱陶しくかつこざかしい存在である。

 

私も例外に漏れることはない。いまだに、ポリリズムが出る前から、Perfumeを聞いていたことを自慢したりする。最近でいえば、SuchmosがCMで流れだして、ほら、流行るって言ったでしょ!!と、会社の食堂で、同僚にしたり顔を向けたりする。こんなことでいかなる自尊心が満たされうるのか不明であるが、しかし、もはやこれは業のような何かである。

 

何はともあれ、オタクというのは基本的に不可避的にそういうものなのである。それで、なにが言いたいかといえば、

 

最近とても好きなバンドがいるということである。

 

その名も、王舟。王舟と書いておうしゅうと読む。最近、シティポップというか、AORというか、何やら都会的な、夜の雰囲気の、いいかんじな、バンドがたくさん出てきている。代表的なのはSuchmosとかCeroとかである。

 

なぜなのかはわからないが、突如、偶発、多発的に出てきた、シティポップ系バンド、その群雄割拠の有様の中で、なんだこれかっこいい!と鼻の穴が膨らむようなバンドが王舟なのである。

 

王舟 瞬間www.youtube.com

 

 

 ぱらぱらぱらっぱっぱ

 

 

 

 ぱらぱらぱらっぱっぱ

 

 

 

 ぱらぱらぱらっぱっぱ

 

 

 

 ぱらぱらぱらっぱっぱ

 

 

音がかっこいい!!!ポップなんだけど、硬質で、硬質なんだけどポップ!歌詞もなんかいい気がするではないか!

 

王舟 Moebius

www.youtube.com

 

 

王舟さん?は上海出身らしい。たしかに言われてみるとアジアの都会っぽい湿度と温度があるように思われる。雨に濡つ男がひとりコートに手を突っ込んで歩いてそうである。

王舟 Disco Brasil

www.youtube.com

 

と思いきや、意表をついてブラジル。しかし、特にブラジル感はない。映像も渋い感じに日本である。3曲聞いて、こういう曲調なのかと思っていたら、こんな曲もあるのだ。

 

王舟 あいがあって

www.youtube.com

へいわになって~

すべてわすれた~

あい~があって~

うた~がある~

 

最高だなあ。硬い曲ばかりなのかと思いきや、こんな柔らかい曲が書けるのか!Goose houseから空元気感を抜いたようなの映像で好感である。音楽はよいものですねえ的な映像である。

 

 ということで、王舟はとてもよいのである。きっと、流行るぞ~!