読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局、サニーデイサービスの名盤「東京」のジャケットはどこで撮影可能なのか問題

サニーデイサービスというバンドがいる。はっぴいえんどを彷彿させるフォークっぽいサウンドにけだるい歌詞、青年期のどうしようもない感じを切り取ることにたけているバンドだ。90年代に活躍して2000年に解散したけれど、最近になって再結成し、ポップソングが好きな一部の人々から人気を博している(とおもう)

 

どのバンドにも、これ一枚とりあえず聞いとけ的なアルバムがあると思う。サニーデイサービスの場合は「東京」であることにきっと多くのファンは同意してくれるはずだ。このジャケットがなかなかいい味をだしている。色あせた風景に吹けば消し飛んでいきそうな桜、天気が良くない日が続いている今年の春にぴったりである。

 

f:id:kikuchidesu:20170410201745p:plain

http://rose-records.jp/2016/05/20boxcdlp.html

 

このジャケットがどこで撮影されたのか調べてみることにした。Googleはなんでもおしえてくれるもので、検索窓を叩いたら、場所についてのおおよその目星がついた。どうやらこのジャケットは、千鳥ヶ淵で撮影されたものらしい。この川のようなものは、お堀だったのである。

 

 

そうと分かれば話ははやい。建物と橋のかんじでちょっと歩いたらおおよその場所は分かるだろう。示し合わせたように雨があがったので、家を出た。

 

出発はこのあたり。

おそらく、あの橋は首都高に違いないと推察し、首都高に向かって歩いていくことにした。

 

 

千鳥ヶ淵の桜はなかなか立派である。堀に向かって枝が垂れ込めているのはかなげである。

 

f:id:kikuchidesu:20170410203915j:plain

 

きれい

 

f:id:kikuchidesu:20170410204129j:plain

 

カップルと家族の楽し気な様子を、なんだなんだおい!桜は孤独に楽しむものだぞと睥睨しながら歩くこと数分。いよいよ、首都高のそばまでやってきた。 

 

 

ということでそれっぽい写真を撮ってみる。

f:id:kikuchidesu:20170410204409j:plain

 

おお!かなりそれっぽいではないか。なんだ簡単に見つかってしまったなあと思って帰ろうとしたのだが、よく見ると背景がどうも違う気がするのだ。よく見ると首都高の角度も違う気がする……なぜだ、なぜなのだ、どこの角度からとればいいのだとうろうろすること20分、はたと気づいた。そうか首都高の向こう側からとっているのかもしれない!!簡単なことに気が付かなかったなあと再び歩みを進める。

 

 

ということではるばる逆側場で歩いてきた。ここまでゆうに1時間は経過している。雨のせいで道はぬかるみ靴はどろどろ、足もだんだんと重くなってきたけれど、なんとかそれらしきところにやってきた。

 

f:id:kikuchidesu:20170410205154j:plain

 

 橋の角度はこちら側のような気がする。しかし、桜がいいポジションに全くないのである!なんということだ。簡単にみつかるかと思いきや、ぜんぜん、その場所がわからない。いい加減足も疲れてきた。しかし、ここであきらめるわけにもいかない… 堀の中へ行って見るかと思い、ぐるっと回ってみるも、ジャケットの写真ドンピシャの場所は、結局、現れなかったのである……

 

失意に駆られながら帰り道に撮った写真をツイートしてみた。思ったよりも反響があって、6RT29いいねがついた。

 

 

いいねをしてくれた人のページにとび、ツイートを眺めていたら、衝撃の事実が書かれていた。

 

 

 

 

 

 

サニーデイサービスの東京のジャケットって合成だという」

 

 

 

 

 

合成なの……

 

 

 

 

 

 

 合成かどうかは定かではありませんが、「東京」のジャケットそのまんまは 現在撮影できません!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 *ソースはTwitterなので合成かどうか確証はありません

 *20年の間に風景が変わったのかもしれません