今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

電柱の海で、恋を観測する。千葉県木更津、江川海岸

「運転するって言いましたよね」


「言ってない」


「いや、言ってましたよ……」


先輩の「俺が運転するよ」というLINEメッセージにうながされ家を出たはずが、気が付くと結局自分で運転することになっていた。シェアしているぼろぼろベンツは友人が使っていたので、レンタカー店でダイハツのムーヴを借りた。文京区を出発し、海ほたるへ向かった。


台風一過の海ほたるからの景色はとてもきれいだった。

f:id:kikuchidesu:20170920222903j:plain


わかった、ここからはおれが運転するよ、と先輩が言うので、車のカギを渡した。先輩もなんだかんだ言って、運転してくれるんだ、悪い人じゃないんだなあと感心した。おお、軽快な運転だなんて思っていると、先輩は突然怒声を上げた。


「なんだあの車は、突っ込んでやるぞ!!」


そう、先輩は車に乗ると感情のコントロールを失う人だったのである。怒声は次々と、矢のように飛んだ。


「なんだあの歩行者は、飛び出してくるな!!」


「なんだ、あの対向車は、もっと右に寄れるだろ!!」


感情が激しく乱れていく先輩の運転する車は、カーナビから幾度か急加速、急ハンドルへの注意を受け場ながら目的地、江川海岸にたどり着いた。日が暮れる少しまえ、15時30分頃であった。この海岸、電柱が海へと続いている不思議な場所なのである。

f:id:kikuchidesu:20170920224425j:plain


幻想的な光景であった。

f:id:kikuchidesu:20170920224601j:plain

波止場の先で海を見ている男女がいた。海の力だ!と思った。


海岸の近くは荒涼な土地が広がっていた。鳥居が大地のぽつんと立っていて、これまた不思議な後景であった。なんてわびしいんだ!

f:id:kikuchidesu:20170920225137j:plain



イヤホンで何かを聞きながらひとり歩くおじさん。夕焼けに何を思うのだろう。

f:id:kikuchidesu:20170920225159j:plain


先輩は荒れた土地を歩きながら、いやあ君はわるいやつだよ、ブログでおれのことをあんなに悪者扱いしてさ、とつぶやいていた。

f:id:kikuchidesu:20170920225417j:plain


驚くことに、太陽は毎日沈むのである。

f:id:kikuchidesu:20170920225621j:plain


幸あれ、むつましき人々!
f:id:kikuchidesu:20170920225805j:plain


海なき街、埼玉で育った。潮騒を聞くと、告白したくなるのか、告白するために、潮騒を聞きにいくのか、埼玉県民にはわからない。松本隆的表象が好きだったにも関わらず、男子校に閉じ込められ、海とそれにつらなる色々なものから隔絶され、僕の10代はあっという間に終わってしまったのだった、ベンベン!


帰りに、回転寿司 やまとへ行った。これがとてもうまい。家族連れで大いににぎわっていた。短気な先輩は20分待たされたことに少し怒っていた。2000円でおなかがいっぱいになった。


豪快に沈んでいく夕陽を見ながらひとり音楽を聞く原っぱがある、恋人と手をつなぐ海岸がある、安くてうまい寿司屋がある。木更津には街のすべてがあるのだ。


スーパー回転寿司 やまと 木更津店
0438-25-2269
千葉県木更津市中央3-9-8
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12000644/