今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

夜の巷を徘徊するのはとてもたのしい

夜の街を歩くのは楽しい。道端では真っ赤な椿がめらめらと咲いていたり、24時間営業の飲食店には都会の疲労が渦巻いていたり、昼にはきらびやかな美容室がしーんと眠っていたり、信号は神経質にチカチカチカチカ光っていたりする。

  

f:id:kikuchidesu:20171218234406j:plain

 

昨年はたらと夜の街を歩き回った。なんだなんだ、眠れないぞという夜に自転車をこいで近所をうろうろしたり、飲み会終わりに一人そっと集団を抜け、歩いたことのない道に入ってみたり、仕事帰り途中の駅で降りてみたり。

 

川崎をうろうろしたやつ↓

川崎工場地帯の夜。ステーキ・春闘・構造の抑圧 春はきゃりーぱみゅぱみゅとともに - 今夜はいやほい

 

いろいろ歩いた結果わかったのは、夜歩くのには適した場所というのがいくつかある。公園、水辺、大きな道路、商店街などなど。

 

とくに公園はよい。とにかくびっくりするくらい静かである。う~んここは世界の中心か?といった情緒である。土が香り立っていたりするとてもとよい。千葉の某公園は悪の組織のようであった。きっとよからぬことが行われているに違いない。

f:id:kikuchidesu:20171218234807j:plain

 

何でもない公園も葉が色づいてくると綺麗なもんである。

f:id:kikuchidesu:20171218235811j:plain

 

 

缶ジュースはうまい。

f:id:kikuchidesu:20171218235859j:plain

 

公園の銀杏はなんだか怖い。人を襲いそうである。

f:id:kikuchidesu:20171218235929j:plain

 

 

 

水辺は光が映えてよい。皇居の周りなど、わずかに揺れている水面にかすんで、世界は大そう幻想的である。都会だなあ。

f:id:kikuchidesu:20171219000412j:plain

 

鳥だって眠る時間なのだ。

f:id:kikuchidesu:20171219000506j:plain

 

港の潮騒は無機質なかんじがする。

f:id:kikuchidesu:20171219000352j:plain

 

タバコを吸いながら海を見ていた船乗りがふたり

f:id:kikuchidesu:20171219000325j:plain

 

東京のどこかの池。あまりに静かだから、魚が泳ぐ音が聞こえた。遠くにかすかに人々の生活音が聞こえた。

f:id:kikuchidesu:20171219000406j:plain

 

月島のタワーマンションのあたりはよい水辺である

f:id:kikuchidesu:20171219000501j:plain

  

 

鉄板だけど、たかいところに上るのはよい。

ニンテンドー・トーキョー

f:id:kikuchidesu:20171218234607j:plain

 

丸ビル!

f:id:kikuchidesu:20171219000111j:plain

 

定番だけどね、東京タワー

f:id:kikuchidesu:20171219233316j:plain

 

タクシーのボンネットに反射してる。夜の街はほんとうにタクシーだらけだ。都市をうごめく夜光虫のようだ。

f:id:kikuchidesu:20171219233333j:plain

 

昼間できない場所は、夜、工事がおこなわれている。夜の工事現場にはなにやら文学の雰囲気がある気がする。佐藤泰志とか西村賢太とかそんなかんじの。

f:id:kikuchidesu:20171219234206j:plain

 

あと、夜の花屋というのはなかなかよいものである。

 

午前1時の花屋

f:id:kikuchidesu:20171219233547j:plain

 

これも花屋

f:id:kikuchidesu:20171219233645j:plain

 

 

都会ばかりではなく、田舎もいいもんである。地元は電灯の数も少ない。電灯の周りにだけ世界が発生している。

f:id:kikuchidesu:20171219233821j:plain

  

夜の散歩は最高だ。お金もかからない、缶ジュース代くらいである。とにかく黙々と歩くのだ。一人でも楽しいけれど誰かと歩いているとより楽しい。僕の友人は夜に呼び出してもぽんぽんついてきてくれる人が多くて心強い。二十代も後半となってひさしいけれど、夜の街が僕たちのものであり続けますように!!とか恥ずかしげもなく(それはうそだけど)思うのだった。

 

f:id:kikuchidesu:20171219234751j:plain

 

過去のおすすめ

kikuchidesu.hatenablog.com