今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

げきうま、川越のサンドイッチパーラー楽楽のいちご大福サンド

このお店。

tabelog.co

 

こちら、いちご大福サンド。

 

f:id:kikuchidesu:20180501214736j:plain

 

いちご大福をなぜサンドしようと思ったのかについては深いなぞであるが、確かに言われてみれば外さない組み合わせな気がする。げきうまだ。

 

食パンのしょっぱさ、苺の甘味と酸味。黄金の組み合わせ、生クリームとあん……

 

触感もよい。ふわっとした食パンをかみ切ると、ぷにぷにの餅に、ほどよいかたさで噛むとみずみずしいいちご、全体をくるむようにひろがっている生クリーム。

 

甘味物のおいしさの条件とは、甘さと香りにグラデーションがあることだ。甘いだけではたいしておいしくないのである。味が強いので単調で飽きてしまうのだ。この、いちご大福サンドはその点、魑魅魍魎的甘さがあり、最高だ。まるまるたべても、全然ぐったりこない。

 

ベタにフルーツサンドもおいしい。上が、生クリームで、下がマンゴーのクリームになっている。断面もなんかきれい。

f:id:kikuchidesu:20180501215622j:plain

 

 

カツサンドもベタにおいしい。

f:id:kikuchidesu:20180501215825j:plain

分厚いカツ。タレもポン酢みたいな味でおいしい。食べ応えもよい。

 

しかし、いちご大福サンドが個人的には一番であった。

 

川越に行く機会があったら是非いってみてほしい。

 

きわめてただしくブログ的なことを書いたなと思った。