今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何か考察するブログ

文明後の秘境駅「曹家湾」、中国三峡博物館のAgainst Japan展示を見るー重慶へ行く①

中国大陸を駆け抜ける、夜行列車の眠れない夜 -無座・硬座・軟座③ - 今夜はいやほい

 

重慶北駅

f:id:kikuchidesu:20190504222348j:plain

 

最初に重慶秘境駅とネットで話題になっていた曹家湾駅を見に行くことになった。夜行列車で体の節々が軋みをあげていた。

 

f:id:kikuchidesu:20190504222529j:plain

 

開発が途中で終わってしまったらしく、駅の中はやたらと近代的なのに、駅を出ると、荒廃した土地が広がっているという不思議な光景で有名になったようだ。

 

f:id:kikuchidesu:20190504222749j:plain

 

ふつうにかっこいい駅だ。

 

f:id:kikuchidesu:20190504222830j:plain

 

ただ人は少なく、あまり使われていないのかなという印象だ。エスカレータを上がって出口へ向かう。

 

f:id:kikuchidesu:20190504223021j:plain

 

なにもない……

 

f:id:kikuchidesu:20190504222727j:plain

 

ポストアポカリプス的光景だ。滅びた世界にかろうじて残った文明の形跡……

 

f:id:kikuchidesu:20190504223201j:plain

 

こういう光景が喚起する感情とは一体なんなのだろう。国破れて駅があり…人間が滅びても世界は続いていくのだ。

 

 

曹家湾駅を後にして、電車で中心地へ戻る。重慶はかなり大きな都市だ。高層ビルが川ぞいに林立している。煙った空気にかすんで、水墨画でも見ているような気がしてくる。

 

f:id:kikuchidesu:20190504224526j:plain

 

 重慶中国三峡博物館へ向かう。博物館の向かいには重慶人民ホールがたっている。なかなか立派な建築だ。前には広場が広がっている。

 

f:id:kikuchidesu:20190504224630j:plain

 

最近、ケン・リュウが編んだ、折りたたみ北京という短編集を読んだ。童童の夏という短編のあとがきに、中国の老人たちへの言及があった。中国の広場には趣味に興じる老人たちの活気がある。 

 

f:id:kikuchidesu:20190504224920j:plain

 

老若男女がおもいおもいに遊んでいる。シャボン玉がぽわぽわと飛び交っている。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225205j:plain

 

”死が迫るのを感じながら生活するのも、恐るには値しないのだ。”

 

f:id:kikuchidesu:20190504225224j:plain

 

和気藹々としている。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225252j:plain

 

ボールをぽんぽんするなぞのグッズが流行っていた。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225248j:plain

 

中国の広場が好きだ。日本には全然広場がないのを悲しく思う。広場がないから、若者は渋谷のスクランブル交差点に集まるしかないのではないのだろうか。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225321j:plain

 

重慶中国三峡博物館を見てまわる。大きな建物だ。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225428j:plain

 

against japanの展示がある。重慶といえば、重慶爆撃があった場所である。Wikipediaによれば、重慶爆撃は断続的に218回おこなわれたらしい。近代以降の重慶を語る上では、日本への言及が必須なのだろうなあと思った。しかし、あまり人気がないのか、他の展示に比べて人が少なかった。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225524j:plain

 

毛沢東の言葉が掲げられている。中を進んでいくと、重慶爆撃によって人が死んでいる写真がたくさん展示されている。むごいことだと思う。もうすこし中国の近現代史でも勉強してから行けばよかったなあと思う。

 

f:id:kikuchidesu:20190504225711j:plain

 

他にも色々な展示がある。関羽銅像などもあった。

 

f:id:kikuchidesu:20190504230254j:plain

 

古代から現代まで色々なものがそろっているので、重慶中国三峡博物館はなかなか見応えがあった。