今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

音食紀行 レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロが食べていた1500年代イタリア料理を食べに行ってきた

16世紀イタリア、ダヴィンチやミケランジェロが好んでいた料理を食べるイベントに行ってきた。お値段5000円。

f:id:kikuchidesu:20170619221233j:plain

主催は音食紀行という団体?個人?食事と音楽による世界音楽旅行がコンセプトみたい。
twitter.com

過去、変わったものを食べるイベントをいろいろやっている。
・偏食家ベートーヴェンの食卓
・古代メソポタミア料理
古代ギリシア料理
・江戸時代料理
・インカ料理
togetter.com

新年会 ヨーロッパ400年料理の旅とかすごい楽しそうだ。古代ギリシア料理会~暴君が王になったとき、人々は何を食べていたか もおもしろそう。


今回は、16世紀イタリア。レオナルド・ダヴィンチとミケランジェロが食べていたもの再現メニュー。


1.イチジクと豆の温製サラダ

ダヴィンチの書斎に置いてあった料理本に乗っていたメニューらしい
f:id:kikuchidesu:20170619213102j:plain

イチジクって炒めるとまろやかで美味しいのだ。ほのかに甘い芋ってかんじの印象。適度に塩分も効いてて豆の香りと相まって、上品な炒め物になっていた。白米が食べたくなる。レシピもうっていたのだけど、買わなかったのが地味に悔やまれる。


2. ミネストローネ・トスカーノ
ダヴィンチの好物だったらしい。フィレンツェの郷土料理
f:id:kikuchidesu:20170619213115j:plain

このころのミネストローネはまだトマトがヨーロッパに上陸していないらしく、透明でシンプルなスープだった。イタリアといえばトマト!!!って感じするけど、昔は、結構味付けのシンプルなものを食べていたんだなあ。現代のイタリア料理も何百年という時間を経ていまのかたちになったんだ。当たり前だけど。
玉ねぎとニンジンの甘さがにじんでて口当たりもよかった。米粒大のパスタが入っていた。スープを飲むと鼻を香草か何かのいい香りが抜けた。


3.リーズィ・エ・ビーズィ(生ハムとグリーンピースのリゾット)
ヴェネツィアの郷土料理
f:id:kikuchidesu:20170619213135j:plain
山もりだ……!
一般的には、リゾットというと、トマトペーストかクリーム状のものを思い浮かべるものである。このリゾットはどちらかというとピラフに近いものだった。なんというか、ああ、郷土料理!ってかんじがひしひしと伝わってきた。日常食ってかんじの素朴さがあった。


4.プラーティナ風サラダ
ダヴィンチもミケランジェロも好んで食べていたらしい。レオナルドの手稿に残されているサラダドレッシングがかかっている

写真はとっていない……オリーブオイルに酢かレモン?か何かが混ざったドレッシングだったような記憶がある(はやくも曖昧

5.フェンネルのスープ
ミケランジェロのスケッチに記録されているスープらしい
こちらも写真なし。こちらも玉ねぎの甘さがよく出ていたスープだった (どんどんとあいまいになる記憶


6.ポッロ・アッラ・カチャトーラ(鶏肉のソテーハント風)
イタリア中部のウンブリア州で食べられている料理
f:id:kikuchidesu:20170619213159j:plain

これは肉肉しくておいしかった。鶏肉のソテーでヨーグルトが入っていると言っていたような気がする(たぶん……



7.オレンジシャーベット
カトリーヌドメディシスにゆかりがあるとか
写真なし。さっぱりとしたシャーベット。やや固まりきっていないところがあったけどおいしかった。


・ローズウォーター
f:id:kikuchidesu:20170619213211j:plain

お洒落ジュース。いったい、なにで着色しているんだろう……


・1530年ミラノ風オレンジジュース
シナモンがたっぷり入ったオレンジジュース。オレンジジュースにシナモン入れるとおいしいんだなあ。スーパーで買ってきて、入れてみようかな。


めずらしいものをたくさん食べられて楽しかった。味付けも、ある程度現代的にしてあるのか、素朴な味付けが多かったけれど、とてもおいしかった。食事の間に、美術史の研究者の方からダヴィンチとミケランジェロの説明があったり、音楽ライターの方が、当時使われていたリラという楽器の音源を聞かせてくれたりと、食事以外にもいろいろとおたのしみ企画がある。会によっては、生演奏が聞けたりすることもあるらしい。

ミケランジェロの描写の特徴とか、素描の絵画史の意義とか、美術の基本的知識みたいなものを知れたりして、ふーむなるほど……と教養も深まったりしてしまうかもしれない。基本的に知らない人と相席になるけれど、皆さん話しやすい人達ばかりで楽しく時間が過ごせた。


今後も、不思議で美味しいものが食べられるイベント目白押しのようなのでまた行きたい!

会いたかった、会いたかった、会いたかった、岡村靖幸に SPRINGツアー「ROMANCE」に行ってきた 千葉県文化会館

岡村靖幸のロマンスツアーの千秋楽に行く。でも三階席なんだよなというツイートをしたら、「3階席でも、岡村ちゃんの投げキッスは届きます!」「3階席でも、岡村ちゃんのエッチさは届くはず!」という熱いリプライがベイベさんたちからとんできた。岡村靖幸ファンは通称”ベイベ”というのだ。


高校3年生で「家庭教師」を偶然手に取り、それ以来ずっと彼の曲を聞いてきたけれど、ライブに行くのは初めてだった、3階席まで投げキッスがとんでくるライブとはどんなものなんだろうか。


幕が上がり、岡村靖幸が現れる。一曲目は、聖書だった。太いベースのような声に、日本人離れしたのリズム感、一瞬で異世界に突入した。つづけざまに、ぶーしゃかLoop。ダンスもキレッキレである。合間合間に歌舞伎の見え切りのように彫刻像のようなポーズを決めていく。彩るように飛び交う「靖幸ちゃん!!」「キャー!!」という黄色い悲鳴。最高だ……。男もだいぶいるはずなのに、華やかな悲鳴だけが岡村靖幸の一挙手一投足にレスポンスとしてとんでくるのである。


まったくしゃべることもなく、ひたすらパフォーマンスは続いていく。名曲カルアミルク、Out of blue、だいすきなどなど歌ってあっという間に幕が閉じた。


アンコール、照明がおちる。舞台に屹立する岡村靖幸が高らかにペンションを歌い上げる。

曲がる順序間違えて最終バスに乗りそこねたけど
平凡な自分が本当は悲しい
君のために歌のひとつでも作ってみたい。


ドラッグで捕まっちゃったりとかいろいろあったけど、岡村ちゃんがこんなにかっこよくなって戻ってきて最高にうれしいんだぜ!!


ふたたび幕がおりて、二度目のアンコール。ユーミンの卒業写真のカバー。甘さをたたえた表現力にくわえて、何かにとりつかれたかのような分厚い迫力。頭をぐんぐんふって、必死に声を張っている。かっこいい…! 曲の合間に岡村靖幸はこんなことを弾き語った。「君に会えてうれしいぜ。これは本当に奇跡なんだぜ。ロマンチックなんだぜ。」単純な言葉だけど、いいなあと思った。きっと、「会いたい」という感情は岡村靖幸のテーマなんだなあと思った。会いたい人がいて、その人に会える、これって奇跡なのだ。そして、今日ぼくは、岡村靖幸にあっているんだ!


カルアミルクという代表曲に有名なフレーズがある。「電話なんかやめてさ、六本木で会おうよ、いますぐおいでよ」彼はこんな気恥しいくらいの「会いたい」フレーズをかいてしまうようなあけすけな寂しがり屋だ。


スターというのはいろんな人たちに持ち上げられて作り上げられるものである。岡村靖幸もきっと作り上げられたスターだ。寂しがり屋のひとたちが代弁者として作り上げたのが岡村靖幸なのだ。寂しがり屋のためのスターなのだ。


ラストはビバナミダ。

ビバナミダこぼれおちてゆけばいいじゃん 無駄じゃない
止まらない 今の君が好き
ナミダナミダそうなんだ


曲の最後のフレーズはこれだ。

だから、電話もかけずに会いに行こう


もはや電話すらする必要もない。ちからづよいぜ!不器用で、色々間違えて、ドラッグとかやっちゃったりして、でも、寂しさを勇気をもって見つめている岡村靖幸がすきなんだぜ!口調がうつっちゃうくらいすきなんだぜ!ベイベ!!


ステージの終幕、去り際に、分厚い投げキッスがとんできた。もちろん3階席の一番後ろまで!

f:id:kikuchidesu:20170611221929j:plain

吉澤嘉代子に会いに行く。下北沢 ヴィレッジヴァンガード潜入編

下北沢という街がある。サブカルチャーの代名詞として名前があがったりする街である。きっとそこには、右を見ても左を見ても、襟をだらんとさせたバンドマンが跳梁跋扈し、自意識がもくもくと立ち上がり、店々の窓ガラスに結露してへばりついているようなところなのだと思っていた。

 

私はサブカルチャーを愛してはいるものの、下北沢という魔境には立ち入ったことがなかった。そこはいうなれば、仏教徒にとってのルンビニ、故郷は遠くにありて思うもの、YAZAWAにとっての広島なのである。

 

今回の目的地は、なんと、下北沢はヴィレッジ・ヴァンガード

 

サブカルの街のなかでも極めてサブカルな、サブカル・オブ・サブカルなヴィレッジ・ヴァンガードへ行くのだ。それは、キリスト教であれば、巡礼路を経て、サンティアゴ・デ・コンポステラへ向かうようなもの、YAZAWAをみに武道館へ行くようなものなのである。

 

南口に降り立つ。そこにはしゃがみこんだ男子学生がいた。うつろな目でボーっとしている。手にはタワレコの黄色い袋。これが、下北沢か!!下北沢の空気は人をうつろにさせるのだな……

 

友人を探すためにきょろきょろすると、あることに気が付いた。あれ、普通の人が多い…… コンビニにお金をおろしに行く。圧倒的に普通の若者が普通に買い物をしているのである。たしかに、サブカルっぽさがないわけでもないのだが、せいぜい年齢層の下がった渋谷程度のものである。どうやら、25年にわたり醸成されてきた下北沢というイメージは、偏見にまみれたものであることが明らかになったのである。

 

今回の目的は、吉澤嘉代子さんのチェキ会に行くことである。下北沢 が意外と普通の街であることが分かり、安心して友人を待った。彼は、吉澤嘉代子さんのツアーにも行っているなかなかのファンであり、きりっとしたイケメンでもあった。しばらくすると、彼はやってきた。久しぶりだね、なんていう通り一遍の会話をおこなった。我々は、等しく気がそれていたのだ、吉澤嘉代子さんに謁見するというその緊張によって。 

 

「調べてたんだけど、ヴィレッジ・ヴァンガードすぐそこみたいだね」

 

「そうそう、ほんとに近いよ3分くらい。わりと近くに住んでるから任せて」

 

道は彼に任せて、街を歩いた。吉澤嘉代子さん待つヴィレッジバンガードはやたらと活気のある薬局の横にあった。

 

つづくかもしれない

 

f:id:kikuchidesu:20170531225614j:plain

平成は吉澤嘉代子とともに。月曜日戦争

吉澤嘉代子の新曲が発売される。月曜日戦争という曲だ。バカリズムが脚本をかいている架空OL日記というドラマの主題歌になっている。

 

キラッキラした声!はじけるメロディー!すきだ!!

 

www.youtube.com

 

吉澤嘉代子は同い年で、同じく埼玉出身で、なんとなく親近感があった。曲を聞いていると、ああ、中学生くらいでサンボマスターが流行って、矢井田瞳とかが出てきて、高校生くらいの頃には、アニソン、大学生の頃にはアイドルがヒットチャートを席巻していたあの風景を共有していたのだな、めっちゃわかる!!!とすこしうれしくなる。

 

 

アニソンもロックもアイドルソングもフラットに並行で存在していたよねっていう

続きを読む

テレビ東京の番組「家、ついて行ってイイですか」はあなたの人生の物語 ファンの家に住む30歳歌手、長渕剛ファンのパラリンピック選手、ヤギを飼う女

甘いものがすきだ。季節、湿度、時間帯などなど、様々な変数によって食べたいものはかわるのだが、 最近というともっぱら、とろーりクリームプリンが人生3度目となる空前のブームを起こしている。最寄駅からの帰り道、コンビニに寄りとろーりクリームプリンを買うのである。

 

この幸せを糧に日々労働をしているのかもしれない。おそらく、そのコンビニのとろーりクリームプリンの売り上げの70%は僕から巻き上げたものであるとみてほぼ間違いない。

 

ウキウキ気分で家につき、とりあえず、まだそんな季節でもないかと思うが、クーラーをフルスロットルでまわし、部屋を冷やす。がんがんに冷やすのである。机に座り、ふたを開ける。ゆらゆらと揺蕩う真っ白いクリーム、卵と砂糖の醸す甘美なにおい。最高だ。うまいのだ……

 

テレビをつけると、「家、ついて行ってイイですか」のスペシャルがやっていた。テレ東の番組だ。終電を逃した人にインタビューをして、タクシー代を払うので家までついていっていいですか、という番組である。

 

続きを読む