読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成は吉澤嘉代子とともに。月曜日戦争

吉澤嘉代子の新曲が発売される。月曜日戦争という曲だ。バカリズムが脚本をかいている架空OL日記というドラマの主題歌になっている。

 

キラッキラした声!はじけるメロディー!すきだ!!

 

www.youtube.com

 

吉澤嘉代子は同い年で、同じく埼玉出身で、なんとなく親近感があった。曲を聞いていると、ああ、中学生くらいでサンボマスターが流行って、矢井田瞳とかが出てきて、高校生くらいの頃には、アニソン、大学生の頃にはアイドルがヒットチャートを席巻していたあの風景を共有していたのだな、めっちゃわかる!!!とすこしうれしくなる。

 

 

アニソンもロックもアイドルソングもフラットに並行で存在していたよねっていう

続きを読む

テレビ東京の番組「家、ついて行ってイイですか」はあなたの人生の物語 ファンの家に住む30歳歌手、長渕剛ファンのパラリンピック選手、ヤギを飼う女

甘いものがすきだ。季節、湿度、時間帯などなど、様々な変数によって食べたいものはかわるのだが、 最近というともっぱら、とろーりクリームプリンが人生3度目となる空前のブームを起こしている。最寄駅からの帰り道、コンビニに寄りとろーりクリームプリンを買うのである。

 

この幸せを糧に日々労働をしているのかもしれない。おそらく、そのコンビニのとろーりクリームプリンの売り上げの70%は僕から巻き上げたものであるとみてほぼ間違いない。

 

ウキウキ気分で家につき、とりあえず、まだそんな季節でもないかと思うが、クーラーをフルスロットルでまわし、部屋を冷やす。がんがんに冷やすのである。机に座り、ふたを開ける。ゆらゆらと揺蕩う真っ白いクリーム、卵と砂糖の醸す甘美なにおい。最高だ。うまいのだ……

 

テレビをつけると、「家、ついて行ってイイですか」のスペシャルがやっていた。テレ東の番組だ。終電を逃した人にインタビューをして、タクシー代を払うので家までついていっていいですか、という番組である。

 

続きを読む

最近、柴田聡子がまじ好き。愛の休日は後悔

最高にポップだ!!!

 

背筋を伸ばして準備する

気持ちを抑えて準備する

皆は気づいてないみたい

暗闇の中で踊りだす

 

柴田聡子「後悔」

www.youtube.com

 

メロディーも歌詞もなんかいいんだけど、声がとりわけよいと思う。メルヘンだけど、メルヘン過ぎなくて、オーガニックだけど、オーガニック過ぎなくて、音程をとるのがうまいわけでもなく、下手なわけでもなく、でも高音の抜け方がとても気持ちよくて、ずっと聞いていたくなる。現代の谷山浩子って感じがする。

 

続きを読む

川崎工場地帯の夜。ステーキ・春闘・構造の抑圧 春はきゃりーぱみゅぱみゅとともに

これのつづき

kikuchidesu.hatenablog.com

 

そこそこの味のやや冷めているステーキを食べ終えたころ、加藤がやってきた。

 

加藤はわたしの友人の中ではめずらしく、きらびやかな世界で働いている広告マンであった。仕事は常に忙しいようで、何か集まりがあれば、大抵遅れてやってきた。ステーキハウスについた時も時刻は21時を回っていた。

 

加藤もステーキを注文し、ものの10分ほどで250グラムを平らげた。店を出て車に乗り込む。「けっこう渋いベンツですね」と加藤は言う。そういえばアウディはどうしたのと尋ねる。彼は驚くべきことに20歳からアウディを所有していたのである。

 

「あれは廃車になりました。大学生のバンに突っ込まれて潰れてしまったんですよ」こともなげに言った。

 

続きを読む

蠢く労働者たちののアフターファイブ、金曜夜の旅~川崎工場地帯編

これから以下の文章は珍妙奇怪な人間に囲まれてしまった、きわめてまともな人間のモノローグのようなものである。珍妙奇怪な人間とはわたしの友人であり、きわめてまともな人間とは私のことである。

 

「友人が変」という語りにはいささかのうすら寒さが漂う。多くのそういった話は、たいてい恐ろしくつまらないからである。これからだらだらと書かれる話も例外に漏れることなく、非常につまらない話である可能性は捨てきれないが、とにかく、なにか、書いてしまいたい気分になったのである。

 

金曜日、アフターファイブ、ドライブをすることになった。何やら、今年就職することになった後輩が働き出して1週間で大変落ち込んでいるらしいとのことで、息抜きがてらどこかに出かけようということになったのである。以前から、時々、暇を持て余した友人たちで集っては、金曜夜にドライブをしていた。「アフターファイブに社会を睥睨して走る会」通称「五睥会」である。ちなみに、今勝手になんとなくつけただけの呼称である。家の近くに止めてある、友人連中とシェアしている中古の古いベンツ(40万円)(10万キロ走行)を走らせて、集合場所の図書館の前に停車した。

 

続きを読む

結局、サニーデイサービスの名盤「東京」のジャケットはどこで撮影可能なのか問題

サニーデイサービスというバンドがいる。はっぴいえんどを彷彿させるフォークっぽいサウンドにけだるい歌詞、青年期のどうしようもない感じを切り取ることにたけているバンドだ。90年代に活躍して2000年に解散したけれど、最近になって再結成し、ポップソングが好きな一部の人々から人気を博している(とおもう)

 

どのバンドにも、これ一枚とりあえず聞いとけ的なアルバムがあると思う。サニーデイサービスの場合は「東京」であることにきっと多くのファンは同意してくれるはずだ。このジャケットがなかなかいい味をだしている。色あせた風景に吹けば消し飛んでいきそうな桜、天気が良くない日が続いている今年の春にぴったりである。

 

f:id:kikuchidesu:20170410201745p:plain

http://rose-records.jp/2016/05/20boxcdlp.html

 

このジャケットがどこで撮影されたのか調べてみることにした。Googleはなんでもおしえてくれるもので、検索窓を叩いたら、場所についてのおおよその目星がついた。どうやらこのジャケットは、千鳥ヶ淵で撮影されたものらしい。この川のようなものは、お堀だったのである。

 

続きを読む

能年玲奈、愛と革新。キリンジのエイリアンズが流れてるLINEモバイルのCMが最高な件。

テレビを見ていたら衝撃をうけた。キリンジのエイリアンズが流れているじゃないか。く~わかってるな~どこ企業のCMだ?いい選曲じゃないか!などと思いながら画面を見ていると、ハイボールを口へ運ぶ手が止まった。なんだこれ、最高だ。 

 

www.youtube.com

 

能年玲奈が一言もしゃべらずにじーっと立っている、ただそれだけだけのCMだ。飾り気のない服に、無造作な髪、しかし、ちょっとしたしぐさや目線がとても雄弁に思える。映像の最後には「愛と革新。」のキャッチコピー。なんて鮮烈なんだ……

 

続きを読む