今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

春だった。

春、別れの季節である。仲の良かった会社の先輩が4月付で異動することになった。帰り際、お互いに示し合わせたかのように、なんとなく、帰る時間が一緒になったので、かつ丼食べて帰りましょうよと誘ってみた。

 

銀座で電車を降りた。あたたかな空気が街にふくらんでおり、軽い服装の人が増えていた。目抜き通りを歩いた。人々が精密な感覚センサーで互いを回避し往来を組み上げていた。先輩と、「異動ですね」「そうだね」「今日はあったかいね」「そうですね」「人がたくさんいますね」「そうだね」とか、そんな無意味なことを話しながら、華やかかりし道を歩いた。

 

銀座梅林のかつ丼は適切に構成されていた。甘く、しょっぱく、動物性のごつごつさと、玉ねぎの滑らかさと、白米の柔らかさと、いい香りのするみそ汁。「美味しいですね」「そうだね」と短い会話をした。

 

いっぱいくらい飲んで帰りましょうかと言って、地下にある、薄暗いバーに行った。バーには、若い女性がたくさんいた。なんとなく肩身が狭く、端っこのほうで、なんだかよくわからない蒸留酒を舐めた。「異動先、名うてのパワハラ上司ですね」「そうなんだよね」「どうなっちゃうのかな」「どうなっちゃうんですかね」「チョコでも頼もうか」「そうですね」先輩は、電子タバコをさも重たそうにもたげていた。

 

チョコを口で溶かして、蒸留酒を流し込んだ。舌がひりひりして、カカオがごろごろした。グラスには結露した水滴がたくさんついていた。水滴はガラス製のコースターを持ち上げ、間抜けにそのことに気づかず、コースターは口元の高さから無慈悲に落下し、カウンターの上で粉々に砕け散った。

 

「割れましたね」「割れたね」二人で青天の霹靂を笑った。隣の女性が片づけを手伝ってくれた。マスターは、これ映画にも出たいいコースターだったのにと言って、きらきらの新しいコースターを僕の目の前に置いた。27回目の春はそんな調子だった。

 

f:id:kikuchidesu:20180405231829j:plain

常陸の国へようこそ、塙山キャバレー「みき」で飲むー福島浜通り彷徨編⑥

前:復興の拠点、広野町。激走の歩道橋。ー福島浜通り彷徨編⑤ - 今夜はいやほい

 

「ようこそ、常陸の国へ」酔っぱらいの老父は顔を真っ赤にしていた。

 

「どうもどうも」僕はビールを口に運びながら返事をした。

 

「どこからいらっしゃったので?」

 

「東京から」先輩は楽しそうに答えた。

 

「おお、江戸から、はるばる遠いところからお越しになって。大変だったでしょう」老父はゲハゲハと笑っていた。

 

「そうですね。常磐線でかたことと揺られながらやってきました」加藤はめざしをほう張りながら、にやけ顔でそんなことを言った。

 

旅行の終わり、常陸多賀で電車を降りた。空っ風が吹き付けて、体温をひゅっと奪っていった。ぼくたちは、塙山キャバレーに向かっていた。バスに乗り込み、3つほどバス停を過ぎると、その異空間は目の前に現れた。

 

f:id:kikuchidesu:20180318212508j:plain

 

青いバラックがここぞとばかりにつめこまれている飲み屋街、塙山キャバレーである。青を基調としたその空間は、ぐぐぐぐっとタイムスリップしたような錯覚を起こさせた。ここは、いつの時代なのだろうかと。

 

f:id:kikuchidesu:20180318212623j:plain

 

これは、すごい、異世界だ!と僕と先輩ははしゃいでいた。日立の工場で働いている人たちの憩いの場所として永らく愛されている、飲み屋街なのだそうだ。不思議な居心地の良さがあった。

 

f:id:kikuchidesu:20180318213016j:plain

 

 

「行くしかないな」僕はその店の中に入りたくてたまらなくなっていた。しかし、なんという敷居の高さだろう。一見様などおことわりでいと言わんばかりのたたずまいの店ばかりなのである。

 

居酒屋、ラブ

f:id:kikuchidesu:20180318213317j:plain

 

加藤君、君しかいない、頼んだとすべてを加藤に丸投げして、僕たちは「みき」という店の門戸を叩いた。正確に言えば、加藤に叩かせた。

 

緊張して肩をすくめながら店に入った。どうも、いらっしゃいと、明るいおばちゃんが迎えてくれた。どうやら、一見ウェルカムのような店だったようだ。

 

「ああああ、江戸からいらっしゃったんですね、たいそうなことで」老父は擬古的な振る舞いを続けていた。常陸の国は愉快なところだ。

 

「そうなんですよ、江戸から」僕はお通しのおでんをほうばった。

 

f:id:kikuchidesu:20180318214049j:plain

 

めざしもお通し。

f:id:kikuchidesu:20180318214205j:plain

 

「じゃあ、なにですかい、今日は人力車で?」老父はきっと300年くらい生きているに違いないのだ。「履物もわらじじゃないですか」勢いは止まらなかった。

 

「みき」の料理はどれもおいしかった。ホタテバターよ、永遠に!!

f:id:kikuchidesu:20180318214513j:plain

 

「東京から、わざわざこんなところまでどうしたの」ラグビー選手のような体躯を持った男性が話しかけてきた。

 

「福島観光をしてました」加藤が答えた。

 

「ああ、そうなの、最近塙山キャバレー映画にも出てね、若い人も時々来るようになったんだよ、それの関係かと思ったよ」

 

「福島も大変だよね、ここも地震がすごかったんだけどね、塙山キャバレーは一つも潰れなかったの。なんでかわかる、屋根が軽いから」客たちの笑い声がバラックに響いた。

 

ホッホッホッとわらうホホホのオネットは「ホッホッホッ」と笑った。

 

「いいところですね」と先輩は愉快そうにむんずとビールを飲んだ。

 

ぜひ、また常陸の国にお越しくださいね。老父はせまい店内でうまそうにタバコを吸っていた。

 

走れ!!!僕たちは帰りのバスをぎりぎりのがし、駅まで走ることになってしまった。心拍数が上がり、アルコールがぐんぐん体を巡った。疲れがたまっていたこともあり、すぐくらくらとした感覚が体に満ちてきた。へろへろになりながら駅をめざして10分走った。そんな感じで、福島旅行は終わりを迎えた。早春の風は走るぼくらに無慈悲に向かい風だった。

 

 

復興の拠点、広野町。激走の歩道橋。ー福島浜通り彷徨編⑤

前:立ち入り禁止が解除された浪江町の現在 ー福島浜通り彷徨編④ - 今夜はいやほい

 

広野町は夜だった。

 

21時頃だろうか。車は真っ暗な道を走っていた。スーパーで買いこんだ酒とつまみが後部座席に雑多に置かれていた。

 

「じゃあ、宴会の準備も整ったことですし、そろそろ、帰りますか?」と加藤が尋ねた。

 

「そうだね、そろそろ帰るかね」先輩は少し眠そうだった。研究者生活にとって、規則正しい生活というのは第一義的に肝要であるらしく、夜になると先輩はだいたい眠そうな顔をしていた。

 

「ちょっと、まって!!あの歩道橋なんかすごくない!?すごい光ってるよ!あれはすごい、すごいはずだ!」僕は後部座席から小学生のようなことを言った。

 

「いや、君はちょっとおかしいよ、寒いんだよ?わかる?2月の夜だからね?」先輩はとにかく帰りたそうな目をしていた。

 

「いや、あれはもしかするとすごいかもしれませんよ?」加藤も街中にある何でもないような建築物が好きな男であった。なかなか気が合うなと思った。

 

「そう? たしかに、そうだね、ちょっと行ってみようか」先輩は、加藤がすごいかもしれないと言ったとたんに気がかわったようだった。自らの発言力の低さに、びっくりしながら車を降りた。

 

歩道橋は真っ暗な町の中で煌煌と光っていた。

f:id:kikuchidesu:20180310115449j:plain

まちの話題 広野駅西側と東側を結ぶ「未来のかけ橋」が完成(平成29年4月)

 

「思ったよりすごいな」先輩はパシャパシャと写真を撮っていた。

 

「いやあ、これはなかなか立派ですよ、広野駅周辺はきれいになりましたねえ」加藤もうれしいそうであった。

 

「上まで登ると結構遠くまで見えますね、いやあ、光ってるなあ」僕も買ったばかりのカメラで、パシャパシャと突発的に連写をした。

 

「ホッホッホッ」オネットは笑っていた。

 

はしゃぎどころが世間一般と少しだけずれている僕たちは、歩道橋に狂喜乱舞していた。

 

歩道橋を駆け上がっていく。

f:id:kikuchidesu:20180310121215j:plain

 

f:id:kikuchidesu:20180310121304j:plain

 

 

上までのぼると、駅が見下ろせた。これが東京まで続いているんだなあ。常磐線はすごい、なんて力強い沿線なのだ。

f:id:kikuchidesu:20180310121339j:plain

 

 

僕たちは、これはフォトジェニックスポットなのでは?とフォトジェニックをはき違えて歩道橋で記念撮影を始めた。

 

満足げな加藤。

f:id:kikuchidesu:20180310121531j:plain

 

ひとしきり相互に記念撮影を終えると、加藤が感嘆の声を上げた。

 

「なんと、3分後に電車がきます」

 

「おおおおお」オネットは喜びを露わにした。

 

「それは見るしかない、なんていいタイミングなんだ」僕はにわかに精神が向上した。

 

「いやあ、今日はついているなあ、日頃の行いの良さだろうなあ」先輩はなにかを噛み締めている目をしていた。

 

加藤以外は鉄オタでもないのに、僕たちは歓喜に沸いた。

 

しかし、待てどもまてども、電車がやってこなかった。どうやら電車が止まってしまっていたらしい。そして、僕たちは重要なことに気がついた。歩道橋の上は劇的に寒いのである。2月の鉄風が僕たちに吹き付けていた。いったん駅舎に避難することにした。

 

 寒い、寒すぎると僕たちはかたかた震えた。駅舎の中は多少あったかくはあったが、やはり、当たり前のように寒かった。駅舎にも放射線の計測器がついており、静かな空間に赤々と0.1μSvという文字が浮かんでいた。

 

「だから、いったじゃないか、寒いぞって、歩道橋なんか見に来てる場合じゃなかったんだ」先輩は不服そうに言った。僕は心でなんていう変わり身の早さなんだと驚いたものの、口にはださず、いやあほんとに寒いですねえと相槌をうった。

 

そんなこんなでよもやま話をしていると、加藤が大声を上げた。

 

「電車が来ます!!」

 

電車は驚くほどに速いスピードでやってきて、もう走行音が聞こえてきていた。

 

「まずい、走れ!」だれかの号令で僕たちは走り出した。歩道橋の上を目指し全力で走った。なぜ、ここまで電車を見たかったのか今ではよくわからないのだが、とにかく全力で僕たちは走った。

 

「階段がやばい」

 

「歩道橋がでかすぎる、やばいもう電車が来てる」

 

「何で走ってるんですかね!?」僕は横を走る先輩に尋ねた。

 

「おれもわからない!」息も絶え絶えに先輩は答えた。

 

「間に合った!」僕たちはみな駅に入ってくる電車を眺めることができた。

f:id:kikuchidesu:20180310143937j:plain

 

電車は、数十秒で次の駅へと去っていった。

 

「1年分は走ったな」僕は急に走ったせいで、息が苦しくなっていた。

 

「こんなに走ったのは久しぶりですね」加藤は勝ち誇ったように言った。

 

「なんだかよくわからないけど、楽しいな」沸騰的な感慨にひたりつつ、僕はとても楽しかった。いったい何歳まで僕たちは意味もなく電車を追いかけて走るのだろう。ずっと走っているような気もするし、タイムリミットはすぐそこにあるような気もする。

 

広野駅前をとぼとぼと車まで歩いた。静かな街に男たちに息切れだけが響いていた。

f:id:kikuchidesu:20180310144915j:plain

 

泊まる予定だった宿に戻った。「予約してたものなんですけど……」オネットが受付カウンターのお兄さんに告げた。チェックインは一瞬で完了した。

 

カウンターのお兄さんが部屋まで案内してくれた。

 

「大変申し訳ございませんが、狭いお部屋となっております。問題ございませんか?」

 

「全然、大丈夫ですよ」僕たちはまあ、狭いと言っても6畳くらいはあるだろうと踏んでいた。

 

扉を開けると、宴会場がパーティションで区切られた空間が現れた。

 

f:id:kikuchidesu:20180310145803j:plain

  

「震災後まもなくは復興作業とか、除染作業、廃炉作業に従事する人を受けいれる場所がなかったから、民宿が仮説住宅の代わりになっていて、ここから働きに出てた人がいたんでしょうね」加藤はそんなことを述べた。

 

調べてみると広野町の旅館は、作業員の人が利用する宿泊施設になっているようだった。

【復興の道標・復興バブル後-4】変貌する最前線の町 「パイの奪い合いに」:復興の道標:福島民友新聞社 みんゆうNet

 【3.11】町民より作業員の方が多い町の「生きる道」とは 福島県広野町

 

復興需要にこたえるためにこうなったのか、もともとこういう部屋だったのかは定かではないが、ここから多くの人が働きに出ていたのは事実なのだろう。泊まった宿は原発事故収束の対応が行われていた拠点Jヴィレッジのすぐそばだった。宿には今でも、復興作業に従事していると思われる男性の姿がちらほら見えた。

 

「この宿は福島第一原発から近いところにありますからね」この宿を予約したオネットは部屋をくるくると見まわし始めた。

 

「そうか、一日だけ泊まるとかならこれでも全然いいけど、ここにずっと泊まって、働きに出るというのはすごく大変だっただろうなあ」先輩は驚嘆していた。

 

パーティションで区切られてても、天井に近い部分はつながってるから生活音とか全部聞こえちゃいますもんね」僕は部屋で荷物を下ろして、布団に寝転がった。疲れた体に、固めの布団はなかなか心地がよかった。

 

風呂へ向かった。すこし熱めの温泉だった。冷えた体が見る見るうちにあったまっていった。やはり、旅行に温泉は必須だなあと思いながら湯舟で今日のいろいろなことを思い返していた。

f:id:kikuchidesu:20180310145839j:plain



オネットの部屋に集まり、3畳宴会が始まった。平昌オリンピックのスキージャンプを見ながら、わいわいマッコリを飲んだ。

 

加藤は酒が強かった。もくもくと酒を飲んでいた。先輩は愛国心がやや強めだった。オリンピックに熱中していた。オネットは教師という職業について何事かをしゃべっていた。酒を飲んでいたので、詳細はほとんど覚えていない。

 

3畳で4人いるということはひとり1畳もないってことか…… なんて人口密度だ。しかしすごいジャンプだなあ。うんうん。いやあ、今日は一日長かった、いろいろなものを見たなあ。来てよかったなあと、そんなことをうつらうつら考えていた。疲れていたこともありすぐに酔った。ひじでマッコリを倒し、机をマッコリびたしにした。先輩が怒っている、あ~まずいと思いながら、気が付けば眠りに落ちていた。

立ち入り禁止が解除された浪江町の現在 ー福島浜通り彷徨編④

前:広野町をどんどん北へ。津波が押し寄せた町の跡には鳥がたくさんいた。福島浜通り彷徨編③ - 今夜はいやほい

 

広野町を抜けたところで、眠りに落ちた。数十分ほど寝て、目をさますと、車は大熊町を走っていた。窓から外を見ると、店内が物で散乱しているコンビニが目に入った。

 

え、なにすごいことになってるねと仰天していると「さっきからずっとこんな感じですよ」と加藤がつぶやいた。

 

「そうなんだ……震災が起きてから、結構長いけど、まだ手付かずのところが残ってるんだね」僕は、午後の眠気も飛び去り、外の景色を眺め続けた。曇り空がどんよりとした雰囲気に拍車をかけていた。

 

「あのさ、トイレ行きたいから、寄れそうなところあったら寄ってもらえない?」僕は運転している加藤に告げた。

 

「この辺一帯は、車は通行できるんですけど、止められない地区なんですよね。常に監視されていて、止めた瞬間に警備員がとんできます。浪江町のほうまで我慢してください」

 

「そうなんだ……じゃあ、それまで我慢しているよ」大熊町といえば、福島第一原発がある街である。へんな輩がいないか、かなり厳しく監視が行われているようだった。ふつうに道を走っているだけなのに、なんとなく物々しいような雰囲気があった。復興作業に従事しているとおもわれるトラックが頻繁に往来していた。皆、なんとなく無言になっていた。

 

 

 

浪江町の駅にたどり着いた。雪がちらつきだしていた。

 

f:id:kikuchidesu:20180304222758j:plain

 

加藤は車を停めると、寒いのか鉄オタの魂に火が付いたのか、駅舎に向けてかけていった。なんだかよくわからないけれど、加藤が走るなら僕もはしるぞという気になり、後を追いせっせと駅舎に向かって走った。パトカーが僕たちの横を通り、なんだこいつらといった視線を鋭く浴びせてきた。僕たちでさえなんで走ってるかわからないのだから、警察官から見れば、よっぽど不思議なやつらに見えたことであろう。

 

浪江町はもともとの人口が1万数千人で、現在帰還してきているのは500人程度とのことだった。そのため、空き家が大発生しており、パトカーが窃盗などの犯罪を防止すべく、ぐるぐると巡回をしているようだった。

 

「あれ、浪江町までは電車来てないと思ってたんですけど、来てるんですねえ」加藤は少しうれしそうであった。徐々にではあるが、日常が戻ってきているのだ。

JR常磐線 浪江町などで6年ぶり運行再開|日テレNEWS24

 

f:id:kikuchidesu:20180305230657j:plain

 

駅の周りには放射線量の計測計があった。 0.242μSvだった。浪江町で何度か計測計を見たがおおむね0.2~0.3μSvくらいのあたいを示していた。

 

f:id:kikuchidesu:20180305230937j:plain

 

少しだけ、町をまわってみることにした。500人ほどの住民が帰還しているということだったが、天気も悪く、町にはパトカー以外の気配がなかった。

 

f:id:kikuchidesu:20180305231808j:plain

 

 町には震災の爪痕がまだたくさん残されていた。倒壊しかけている建物が、散見された。盗難があったのか、地震で割れたのかは不明だが、窓ガラスが割れている家もちらほらと見かけた。

 

がらんとした誰もいない駐車場。

f:id:kikuchidesu:20180306223349j:plain

 

なにかの小売店の跡は外からのぞき込むともぬけの殻になっていた。

 

f:id:kikuchidesu:20180306232627j:plain

 

けっこう大きな電化製品店。店中には物が散乱していた。

 

f:id:kikuchidesu:20180306223543j:plain

 

大きなスーパー。 当たり前だけど、自動販売機は動いていなかった。

 

f:id:kikuchidesu:20180306223702j:plain

 

とにかく、悲しい景色だった。人が戻ってこないと、小売店も営業できないけれど、小売店が営業していなければ、人も戻ってこれないのだ。帰還禁止が解除されたとはいえ、なかなか厳しい現状である。いくつかのコンビニやJAはいくつか営業再開をしているようだ。

避難指示が解除された浪江町に行って写真を撮ってきた - はてな村定点観測所

 

よそ者がふらっと通りかかっただけのことだけど、町にいつか活気が戻る日が来ればいいなと思う。

 

 

帰り際、浪江町のローソンによった。ぼくはアイスを買った。

 

「なんだか学びがあったよ」先輩がつぶやいた。

 

「そうですね、学びがありましたね」文士を目指す男、オネットはもそもそとチキンをほう張りながらこたえた。きっと将来いい文章を書いてくれることだろう。

 

「オネット君、浜通りを北上するのはいい選択だったよ」僕と加藤がほめると、オネットはホッホッホッと笑った。 

 

イートインコーナーの壁は全国から寄せられたメッセージの載った付箋で埋め尽くされていた。アイスを食べながら付箋をぼおっと眺めた。浪江町発行の広報誌がそばに置いてあったので手に取った。パラパラめくると、成人式の写真が載っていた。あでやかな着物に彩られた、笑顔の成人が肩を並べて映っていた。外に目をうつすと、近くで復興作業に従事しているらしい作業着の男たちが細雪に降られながら、コーヒーを飲んでいた。2月の福島はまだまだ寒かった。

 

 つづく(かもしれない)

 

広野町をどんどん北へ。津波が押し寄せた町の跡は鳥であふれていた。福島浜通り彷徨編③

前:上野からいわきへへ行くには鈍行列車で3時間30分もかかります。エコノミー症候群に気を付けてください。 - 今夜はいやほい

 

いわき駅に到着したわれわれは空腹を満たすため、昼食をとることにした。駅を出るといいかんじにひなびたみふみ屋という名の肉屋兼とんかつ屋を発見した。肉屋の肉は新鮮、新鮮な肉はうまい、うまい肉のとんかつはうまいという、厳密な三段論法に基づき、店へと突入することを決めた。

 

論理的推論は極めてただしく、かりかりの香ばしいパン粉に包まれたジューシーな肉のとんかつは基本に忠実なおいしさがあった。

 

f:id:kikuchidesu:20180226215839j:plain

 

みふみ屋は地元の人たちからよく愛されている雰囲気があった。、なんとかかんとかだべえというこてこての方言をあやつる福島の男たちが店に集まってきては、何かを楽しそうにかたらいながらガツガツととんかつをたべていた。愛すべき店のある人生というのはよいものだ。長いこと油がしみ込んだのであろう店からは何事にも代えがたい生活の匂いがした。

 

昼食を済ませて、レンタカーに乗り込んだ。トヨタカローラであった。

 

「どくにいくんだい?」加藤はハンドルを握った。

 

浪江町を歩きたいですね」オネットは後方から指示を出した。

 

じゃあ、そうしようと先輩がカーナビに行き先を入力しようとすると、加藤が行き方わかるんで大丈夫ですと軽やかににアクセルを踏んだ。加藤はなにかと軽快な男であった。

 

いわきを抜け、広野町に入った。山肌いがいなにも見えない大通りを走っていてもつまらないので、海岸沿いを走りましょうかと加藤は交差点を右に曲がった。

 

f:id:kikuchidesu:20180228224308j:plain

 

「この辺はアイアイっていう地元密着型のいいスーパーがあったんですけど、地震で店じまいしちゃったんですよね」ありとあらゆる地域に精通している男、加藤は広野町についてもなにかとよく知っているようであった。

 

「で、結局営業してるのが、イオンなんです。社会的使命の元、採算度外視で、こうしてイオンが出店してきていて、イオンはよく地域の景色を消していると批判されたりもしていて、それはそれで正しいのですが、こういうことができるのはやっぱり、大資本だったりもするんですよね」

 

たしかに、福島にはイオンがたくさんあった。小名浜にも震災復興事業として、巨大イオンモールが誘致されるようである。イオンはその圧倒的無機物性によって、またたくまに、景色を均質な空間へと変えていく強大な力をひめている。復興にイオンがかんでくることに対しては、毀誉褒貶いろいろなことがあるのかもしれない。しかし、均質であるからこそ、おおくの人々をうけいれることができているというのも、また事実なのだろう。

 

 また、しばらく走った。いい天気だった。車はなにもない荒れ地までやってきた。

 

「この辺は津波の被害が大きかったところですね」

 

f:id:kikuchidesu:20180226233538j:plain

 

昔から何もなかったかのような荒れ地が広がっていた。かつて人々の生活がここにあったのだと言われても、ちょっと信じられないくらいに、町の痕跡すらほとんど残っていなかった。野に生えた雑草だけがたくましく風に吹かれていた。ただただ無常観があった。

 

「ちょっと降りて歩こうよ」僕は加藤に告げた。

 

いいですよと言って加藤は道のわきに 車を停めた。

 

「なにもないですね」僕はただただ唖然とした。

 

「そうだな、これは本当になにもないな」先輩も驚いていた。

 

近くで工事をしているらしいトラックがゆっくりと通り過ぎていった。運転手は人がいるのか珍しいなといった調子でしげしげとこちらを見ていた。

 

「そうなんですよね、瓦礫もほとんどすべて撤去されてしまって何も残ってないんですよね」加藤は腕を組んでぼーっと原野を眺めていた。

 

「やっぱり、実際に来てみると違いますね」オネットも驚いた様子だった。

 

3月になれば、ぼくたちは、毎年テレビでこんな風景を目にしているのだろう。しかし、360度何もない荒れ地にこうして立っていると、やっぱり画面越しとは違い(あたりまえだけど)、何もないこと自体が圧倒的自然の力としてぐんぐん押し迫ってくるのだ。

 

ぼくたちはしばし無言になり黙々と歩いた。

 

唯一とりこわされずに残っていた民家があった。1階部分の骨組みがむき出しのままになっていた。

f:id:kikuchidesu:20180226233937j:plain

 

とりこわされずに残っていた集会所

 

f:id:kikuchidesu:20180226234719j:plain

 

根元から折れた石碑

f:id:kikuchidesu:20180226234811j:plain

 

生き残ったらしい木

 

f:id:kikuchidesu:20180226234858j:plain

 

 建設中の防波堤。

 

f:id:kikuchidesu:20180226234602j:plain

 

広野町からまた少し北へ進むと、鳥たちが群れを成して水浴びをしていた。 何匹かの白鳥は驚くほど太っていた。人がいなくなった土地では、動物たちが野生を取り戻しはじめているようだった。日本というのは地震の国だ。何千年というスパンでいえば、災害後にこうした風景がたびたび繰り返されてきたのかもしれないなと思うとすこし不思議な気分だった。

 

f:id:kikuchidesu:20180226235039j:plain

 

なんてわがもの顔で水につかる鳥たちだろうと思ったけど、よく考えれば、地平をコンクリートで固めまくって、家なんか建ててすんじゃったりする人間もやはり鳥から見たら、おどろきの存在にちがいない

 

いやしかし、わがもの顔の鳥たちだ。

 

つづく(かもしれない)