今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何かについて考察するブログ

電柱の海で、恋を観測する。千葉県木更津、江川海岸

「運転するって言いましたよね」


「言ってない」


「いや、言ってましたよ……」


先輩の「俺が運転するよ」というLINEメッセージにうながされ家を出たはずが、気が付くと結局自分で運転することになっていた。シェアしているぼろぼろベンツは友人が使っていたので、レンタカー店でダイハツのムーヴを借りた。文京区を出発し、海ほたるへ向かった。


台風一過の海ほたるからの景色はとてもきれいだった。

f:id:kikuchidesu:20170920222903j:plain


わかった、ここからはおれが運転するよ、と先輩が言うので、車のカギを渡した。先輩もなんだかんだ言って、運転してくれるんだ、悪い人じゃないんだなあと感心した。おお、軽快な運転だなんて思っていると、先輩は突然怒声を上げた。


「なんだあの車は、突っ込んでやるぞ!!」


そう、先輩は車に乗ると感情のコントロールを失う人だったのである。怒声は次々と、矢のように飛んだ。


「なんだあの歩行者は、飛び出してくるな!!」


「なんだ、あの対向車は、もっと右に寄れるだろ!!」


感情が激しく乱れていく先輩の運転する車は、カーナビから幾度か急加速、急ハンドルへの注意を受け場ながら目的地、江川海岸にたどり着いた。日が暮れる少しまえ、15時30分頃であった。この海岸、電柱が海へと続いている不思議な場所なのである。

f:id:kikuchidesu:20170920224425j:plain


幻想的な光景であった。

f:id:kikuchidesu:20170920224601j:plain

波止場の先で海を見ている男女がいた。海の力だ!と思った。


海岸の近くは荒涼な土地が広がっていた。鳥居が大地のぽつんと立っていて、これまた不思議な後景であった。なんてわびしいんだ!

f:id:kikuchidesu:20170920225137j:plain



イヤホンで何かを聞きながらひとり歩くおじさん。夕焼けに何を思うのだろう。

f:id:kikuchidesu:20170920225159j:plain


先輩は荒れた土地を歩きながら、いやあ君はわるいやつだよ、ブログでおれのことをあんなに悪者扱いしてさ、とつぶやいていた。

f:id:kikuchidesu:20170920225417j:plain


驚くことに、太陽は毎日沈むのである。

f:id:kikuchidesu:20170920225621j:plain


幸あれ、むつましき人々!
f:id:kikuchidesu:20170920225805j:plain


海なき街、埼玉で育った。潮騒を聞くと、告白したくなるのか、告白するために、潮騒を聞きにいくのか、埼玉県民にはわからない。松本隆的表象が好きだったにも関わらず、男子校に閉じ込められ、海とそれにつらなる色々なものから隔絶され、僕の10代はあっという間に終わってしまったのだった、ベンベン!


帰りに、回転寿司 やまとへ行った。これがとてもうまい。家族連れで大いににぎわっていた。短気な先輩は20分待たされたことに少し怒っていた。2000円でおなかがいっぱいになった。


豪快に沈んでいく夕陽を見ながらひとり音楽を聞く原っぱがある、恋人と手をつなぐ海岸がある、安くてうまい寿司屋がある。木更津には街のすべてがあるのだ。


スーパー回転寿司 やまと 木更津店
0438-25-2269
千葉県木更津市中央3-9-8
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12000644/

先輩は定言命法の使い手であった。ダムの話はどこへ行ったのか編。

つづき

kikuchidesu.hatenablog.com


「たぶんこっちだな」


先輩はいやに細い道を進むよう指示した。


「何があるんですか?」


「たぶん何かがある」


「ほんとですか?道めちゃくちゃ狭いんですけど……」


「あ?行くっていったら行くんだよ!!大丈夫だから!」


僕は先へと続いているのかどうかさえ分からない細道へ車を突入させた。鬱蒼とした森の中を車は進んだ。陽も落ちた、街灯もない、道はとにかく暗かった。加えて道は、ダムのふちを沿うようにして激しく蛇行した。突然道が一気に狭くなった。山肌が崩れ、道に土砂が積もっていたのである。


「これ、行くんですか…?」


「いくんだよ!!」


「通れますか…?」


「こういうものは、通ろうと思えば通れるものなんだよ!」


先輩は強硬であった。


ある日のこと、それは夜のサイゼリアであった。僕は大学二年生であった。ミラノ風ドリア、たらこパスタ、ペペロンチーノ。大学の友人たちはみな思い思いに注文をした。腹をすかせた男たちは、各々に時間をつぶし、来たるべきイタリアンを待っていた。

先輩が、ふとこちらを見て挙措を正した。一呼吸おいて、おもむろにバッグからウイスキーを取り出したのである。


「大丈夫ですか…?店でそんなの出して」


「飲むって言ったら飲むんだよ!!」


まわりのざわつきをよそに先輩はウィスキーをぐびぐびと飲みだしたのである。これは先輩の典型的な論法であった。仮言命法「AだからBである」ではなく、定言命法「AだからA、とにかくA」なのである。あらゆる主張を定言命法によって行使するのだ。


僕は、通れますように!という祈りを靴底に込めてアクセルを緩やかに踏んだ。中古のおんぼろベンツは土砂の脇をするすると進んだ。車は上手いこと土砂を回避し、ふたたび細い細い車道をすすむことになった。


車の側面をこすりそうな道はつづいた。突然、真っ暗な道に、ふらっと犬の散歩おじさん現れた。のろのろと浮浪者のような歩き方をしていた。


「不気味ですね」


言葉とは裏腹に、山田は全然不気味さを感じていない表情をしていた。山田はにやけ顔なところがあった。


「まだ、行くんですか?」


僕は、何度目かの確認をした。


「大丈夫だから」


先輩はむやみに強硬だ。


「でも、これどこへ向かってるんですか?」


「うるさいなあ。たぶん景色がいいところにでるんだよ。ぐちぐち言ってないで進むの」


「ホッホッホ。そうですね。進むしかないですねえ」


オネットは運転手の苦労など1ミリも忖度する様子はなかった。


どこまでも綺麗な景色の気配すら微塵も感じさせない深閑たる道である。いったいどこまで行くんだ、とくらくらしていた、その時であった。黒い影が道へのそっと現れた。その塊は、ぎろりとこちらも見た。


「鹿!?」


「鹿!!!」


「し、鹿!?」


かさかさとクーラーの音が響いた。立派な鹿がこっちに一瞥をくれていた。ライトに照らされ、妙な存在感があった。なんだこいつら、という視線を我々に浴びせ、鹿はしずかに森へと去っていった。


「鹿…… ベンツでよかったな、ベンツはきゅっととまるからな…」


「まだ行くんですか…?」


「わかった、あとひとカーブぶんだけ行こう」


先輩もこれ以上進んでもただの森、それも鹿が飛び出してくるような森であることをりかいしたようだった。


ひとカーブぶん進んだところで、そこにはもちろんなにがあるわけでもなく、車は無事に引き返すこととなった。完全な徒労だったのだが、先輩の手前、本当に無駄足でしたねなどということも出来ないので、いそいそと大通りまで車を戻し路肩に停車した。森から帰ってきた僕たちを青白い街灯が照らしていた。


f:id:kikuchidesu:20170906003056j:plain


「目下、われわれに必要なのは夕飯である、夕飯なのである」


先輩は、自分のミスを帳消しにすべく新たな号令をかけた。


一番後輩の山田がスマホをはじいた。


「八王子ですね。カレーが上手いらしい店を見つけました」


「完璧だ、山田くん。いまわれわれに必要なのは、景色ではない。カレーだ!」


僕はすぐに側道に車を止め、ナビに八王子を入力した。店まで50分くらいのようだった。


「八王子といえば、ユーミンの実家の呉服屋がありますね。確か駅から近かったはずです」


「いいじゃないか、ぜひそこも行こう」


先輩も僕も年甲斐もなくユーミンが好きなのであった。


つづくかもしれない

Youtube のピアニスト harisenbonreiko(sorakaze)がまじめっちゃかっこいい。椎名林檎とかSuchmosとか昭和歌謡曲とか好きな人絶対聞くべき!!

一年ほど前にピアノを習い始めてから、ときどきYoutubeでピアノの演奏動画を見るようになった。ネットの海を泳いでいたら、harisenbonreikoという方がの動画に邂逅し、めちゃくファンになってしまった。まだ高校生?か大学生?くらいの年齢みたい。

一番好きなのがこれ。

椎名林檎 丸の内サディスティック
www.youtube.com

ヤンキーみたいな粗野な風貌で鍵盤をたたく。強烈なタッチで鍵盤がペコペコいっちゃってるんだけど、それすらかっこいい。リズム感がすごい。


Suchmos Stay tune

www.youtube.com

尾崎豊のような笑顔が色っぽい。鼻が高い……



キリンジ エイリアンズ

www.youtube.com

アレンジがjazzyでかっこいい。音が粒だっていて、迫力もある。まだ若いのに、真に迫った存在感がある。すごい。


jamiroquai Virtual Insanity

www.youtube.com

虚空に目が据えられていて、何かにとりつかれたかのよう。コメントにもあるけど、音楽の神に愛されてしまったのだなって思った。


solakazeというアカウントでも昭和歌謡曲を中心に動画上げている。

まちぶせ 石川ひとみ

www.youtube.com

音に厚みがあるなあ。歌謡曲独特の郷愁をさそう雰囲気がよく出ている。たまらないなあ。詰襟の制服を着ている……若いのに渋すぎる…

コーヒールンバ 西田佐知子

www.youtube.com

昔アラブの偉い お坊さんが恋を忘れた あわれな男に
しびれるような香りいっぱいのこはく色した飲みものを教えてあげました
やがて心うきうきとっても不思議 このムード
たちまち男は若い娘に恋をした


かっこよすぎるぜ!!

沈んだ街の痕跡を見に宮ケ瀬ダムへいってきた

友人とシェアしている40万円のぼろぼろのベンツはレインボーブリッジを渡った。


「いやあ、東京はきれいだね、やっぱり東京が一番ですよ」


摩天楼がそびえたつ景色を車窓から眺めながら先輩はひとりごちた。しばらくすると、マリンタワーが見えてきた。


「お、マリンタワー、昔行ったなあ、ちょっと前まで改装してたんだよねたしか。そうだったよね、きくちくん」


答えを待たずに先輩はしゃべりだした。


「ベンツ。ベンツといえば昔乗ってたことがあってね、ブレーキがよく効くんだよね。そこがいいんだよ、きゅっとね、きゅっととまるんだよ、わかる山田」


「ぼくはまだ教習所通っているところなんで、わからないです」


先輩は大学の研究者でありながら、格闘家のような風貌をしていた。たくましい骨格にヤンキーのような花柄のシャツをかぶせているのである。格闘家の先輩は非常によくしゃべる人であった。何かが目に留まれば、何かをしゃべらずにはいられないお茶目なところがあった。話の脈絡もなく、自分の好きなタイミングで自分の好きなことをしゃべるのである。車内は先輩の独壇場であった。


「山田はまだ免許をもってないのか、ベンツはいいぞ、きゅっととまるからね。あれで何度人をひかずにすんだことか。トヨタだったらだめだね。やっぱりベンツですよ」


後部座席でホッホッホと笑い声が聞こえた。


「オネットは免許もってるの」先輩がはなしをふると、いつものように時が少しとまりオネットが返事をした。


「もってないですね、必要ないので」


文学が好きなオネットは、最近、朴訥としたしゃべり方と武骨なたたずまいによって、文豪オーラを放つようになっていた。


「そうか、まあおまえはそうだろうな」


先輩は何かに納得した様子だった。


僕たちは、神奈川県は宮ケ瀬ダムに向かっていた。宮ケ瀬ダムは、1971年に工事に着工し、2000年に竣工、相模原の少し西くらいの位置するダムである。Wikipediaによると、関東屈指の大きさを誇り、周辺地域の治水に活躍しているらしい。


暑い暑い、今夏、宮ケ瀬ダムが干上がってきているというニュースがツイッターをにぎわしていた。なんと、沈んだ街の一部が見えてきているというのである。

宮ケ瀬ダム、貯水率64%に 湖底に旧道出現 神奈川 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース


これは、見に行ってみるしかないのではないかということで、車は勇んで出発したのである。


最近、仕事はどうなのと教師をしているのオネットに聞いてみた。


「クラスによるんですけど、ひどいクラスは本当にひどいですね。テストをやらせても、問題文を少し読んだだけで、考えるのをやめて寝てしまうのです。授業中も、休憩時間とかわらない勢いで話し続けるやつとかいますからね」


「ふーん、まあ、僕も授業まったく聞いてなかったから、何も言えないね……」


f:id:kikuchidesu:20170828004532j:plain


鬱蒼とした森を抜け、ハンドルを切って信号を曲がりしばらくすると、視界が開け、ダムのようなものが見えてきた。


「そこ右ね」


格闘家の先輩はつぶやいた。


「塾で働いている中西さんが、勉強しろという言葉が全く届かない学生のことを”神の領域”と呼んでいました。どんな言葉も彼らには届かないので、ほんとうに、別の位相の出来事のようです」


「神の領域……教師って大変なんだなあ」


9割のテストがクラスビリだった高校生活を思いだし、自分もまた、神の領域の住人であったことをしみじみと振り返った。いまもまだ神の領域にいるのかもしれない。


「おい、きくち、信号変わったぞ」


「わかってますよ!」


格闘家の先輩は、他人の運転がやたらと気になるタイプの人なのであった。ダムに近づいてくると、車が側道にたくさん止まっていた。われわれも、車をわきに寄せ車を降りた。


ダムは、噂通り水かさがガクンと落ち、削り落とされた地表がむき出しになっていた。人間がダムを造ったのかと思うと、気も遠くなるような光景だった。竣工まで30年かかっているのだから、実際気の遠くなるような仕事だったのだろうと思う。


f:id:kikuchidesu:20170828004858j:plain


僕がいやあすごいなあと感嘆していると、格闘家の先輩も興奮した様子で「これは、すごい、いやあ、すごい」と言いながらパシャパシャとiPhoneで写真を撮っていた。あいかわらず、お茶目であった。文豪オネットは無言でじーっとデジカメのモニターを覗いていた。


f:id:kikuchidesu:20170828013906j:plain


急速な干上がりにも負けず、ダムに浅く残っている水は深い青で、断固としてここを出ていかないぞという矜持を感じさせた。水はいったんダムに流れ込んだら、どれくらいの間、ダムの中で滞留し、外へ出ていくのだろうか。


f:id:kikuchidesu:20170828013925j:plain


道路や、標識、枯れた木々が水から顔を出していた。近代化の大きな流れのなかでしわ寄せがきた小さな町の痕跡がうっすらと残っていた。300戸がこのダムによって退去させられたらしい。青に浮かんだ人工物には寂寥感が漂っていた。


山田がGoogleマップを眺め、あっちの方向にもダムが伸びてるみたいなので行ってみましょうと4人を呼び寄せた。エンジンをかけると、古いベンツは発動機から濁音を響かせた。


つづくかもしれない

本編:非信者が大川隆法総裁の講演を聞きに行く ~歌声よ響け、千眼美子「眠れぬ夜を超えて」

プロローグ

kikuchidesu.hatenablog.com


チェーンスモーカー山田が扉に手をかけた。


「なんか、緊張するな……」ぼくは、年に数回ほどしか訪れないような緊張を感じていた。


入り口を抜けると、抗菌的な空間があった。煌々と輝る明るい照明、塵ひとつ落ちていない掃除の行き届いたピカピカの床。右手には大川隆法総裁の書籍販売コーナー、目の前にはちょっとしたお守りのようなものなどがおいてあった。左手にある受付のお姉さんに声をかけられた。


「中継のご観覧ですか?」

続きを読む