今夜はいやほい

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」のいやほいとは何か考察するブログ

一泊二日、宮崎を食べる。あなたはチキン南蛮、胸肉派/もも肉派

宮崎に来たからには、おぐらでチキン南蛮を食べねば始まらない 宮崎県庁を訪問する クリームの浮かぶ、ウルワシのコーヒーを飲んで ポロポロ書店 丸万でもも焼きを食べる。 辛麺でしめるのが、宮崎スタイルらしい トリスバー赤レンガでトリスのハイボールを…

埼玉と東京をつらぬく巨大台地、武蔵野台地のフチをぐるっと周ってみる。

埼玉には何があるのか(なにもない) 武蔵野台地を知るため、角川武蔵野ミュージアムへ 武蔵野台地の雑木林の腐葉土を使った三富野菜を食べる。 武蔵野台地一周へ。北端、川越を目指す 武蔵野台地の名物、朴訥だんご 狭山茶のアイスクリームを食べる 台地の…

一泊二日、千葉を食べる。アジフライを食べに出かけ、奇跡のアジフライに出会う。

アジもりだくさんの、魚問屋食堂さかなやくろへ 喫茶フレンドで電車を待ちながら 館山は小さなリゾートだった 海の街であるならば、寿司をたべよう 館山式モーニング、チキンバスケットセット 旅立ちのびわゼリー 内房の街をひたすら歩く 海水浴場の喫茶店 …

隣の席の女の子が貸してくれた、宗田理「ぼくらの七日間戦争」

小学五年生にもなると、クラスは二分されることになる。中学受験をする者たちと、そうでない者たちだ。同じクラスの受験勢は、すでに中学数学を理解している者がいるらしく、教師に塾の宿題、それはxを含む方程式についての宿題の質問をしたりしていた。 関…

海なき埼玉で、ひっそり広がる野菜寿司を食べる。マグロのような真っ赤なパプリカ。

寿司を食べたいなと思って、近所の寿司屋のHPを見ていた。メニューの一覧を見ていたら、野菜寿司セットなるものがあった。配偶者に「野菜寿司だって、けっこうおいしそうじゃん、食べに行ってみない」と伝えると、「え~寿司は魚のほうがいいでしょ」と一瞬…

一泊二日、台北を食べる。大きなガジュマルの木の下で魯肉飯を食べるのならば。

灼熱の道ならば、電柱の影を歩め! 台湾の朝食には豆乳を 昭和天皇が愛したらしい、八寶飯 佳興魚丸店のサメのつみれ、おいしい 旅行中でも寝る、なぜなら眠いからである ガチョウ肉のローストとその油がかかった米を食べる 台湾ウィスキーカヴァランの直営…

大学入学の春、初めて学んだのはケンカのコツだった。

久しぶりに大学への通学に使っていた電車に乗っていた。もう大学生活が10年ほど前になってしまった。あっという間のことだった。 入学式は、桜が咲いていたような気もするし、散っていたような気もする。一年間、浪人していて、コミュニケーション能力を喪失…

一泊二日、クアラルンプールを食べる。熱中症に倒れ、車に轢かれ、されど麗しきマレーシア料理。

マレー文化とインド文化の交錯点、カレーラクサを食べる 路上のカフェでミルクティーを 国立博物館に行くのは難しい ローストチキン+ローストポークライス 劇的に苦いお茶・王老吉を飲む マレーシアのワンプレート山盛りごはん、ナシカンダール 摩天楼の資…

世界がユニクロになる

会社に行ったら、目の前に座っている人が同じシャツを着ていた。ユニクロである。かろうじて、色が違った。色が違ったらもう違う服であると言っていい。しかし、これを着るたびに、同僚のことが頭に浮かぶことになるだろう。 家に帰った。Youtubeでアメリカ…

一泊二日、仙台から福島浜通りをひたすら南へ。はらこ飯をしずかに食べる。

昭和8年、津波に御用心 はらこ飯は冷たいほうがうまい説 摩尼車は時をかけるようにして回る 南相馬の珈琲亭いこいで休憩 津波の被害にあった請戸小学校を見学する 東日本大震災・原子力災害伝承館 南相馬の寿司屋で塩釜港のひがしものマグロを食べる ふたた…

あわれ、春の夜の夢のごとし

まず、鼻にきた。次に喉、耳、そして、体全体が不調に陥った。もう無理、起き上がれないというような怠さで、眠りこんでしまった。なんだったら、熱まで出てきて、もはやこれは花粉症なのか、風邪なのか、はたまたコロナなのかインフルなのか、もう何もわか…

雪はぼたぼた、ぼたぼた光る

雪が降った。会社のフロアの窓から殺風景な雪景色が見える。皆、少しだけ嬉しそうに、ああ、大変だなあ、雪だなあと言っている。電車は恐ろしいほどに混んでいる。みんなやばいぞこれはと急いで帰っていることにより、時間が重なっているのだろう。 電車で運…

カレーの街、神保町のボンディ。ビーフカレーに載る梅干し問題。

神保町は、もっぱらカレーで有名である。しかし、その有名性によって、人気店では、軽く寄って夕飯食べるか〜ということができない状態になっている。カレーは基本的に食べたい!と思った瞬間に食べたいものであり、並ぶのもな...と思っていた。 そんな感じ…

トイレにはえるネギとゴボウ

冬はダウンを着る。寒いからである。ダウンを着ると温かいのだが、問題は通勤である。両隣がダウンだったらもう困ったもので、席はパツパツである。 朝、ダウンパツパツ席に座ることになってしまった。右隣の男性はなんだクソ狭いぞと肘打ちをしてきた。朝か…

休日、神奈川の沖縄タウン 鶴見を歩く。沖縄スタイルみそ汁を飲み、市民酒場へ

休日、暇を持て余していた。 暇だ。 そうだ、鶴見行こう、と思い立った。埼玉県民である僕は、軽く出かけたいなという時は神奈川が候補に上がりがちだ。横浜は時々行くので、気分を変えて、鶴見に行ってみることにした。鶴見は沖縄タウンで有名らしいのだが…

恒星と惑星

年明け、甥に会った。初めて会ったわけなのだが、ほとんど発光しているかのような明るさがあった。こうであり得たのかもしれないという重力もなければ、こうありうるかもしれないという憂慮もない生命の根本的明るさというのは本当にすごい。皆が彼をとりか…

90年代はじめに生まれたゆとり世代がインターネットを振り返る

2000年 Hotmailでメールアドレスを持つ 2000年代前期 ヤフーメッセンジャーで男性の全裸に遭遇 2000年代中期 パケ死、センター問い合わせ 2000年代中期 2ちゃんねると原始ニコニコ動画 2000年代後半 ケータイ小説 恋空の感想を前略プロフィールに 2000年代後…

ブラジルストアでレジ打ちは歌う

ブラジルの雑貨食品を扱う店に行った。入り口ではクリスマスドネーションをしましょうという垂れ幕がかかっていて、女性が二人、サンタの帽子をかぶっていた。中に入ると、筋肉てんこ盛りの巨漢ブラジル人男性が、冗談のような声の大きさで、ポルトガル語で…

二泊三日、バンコクを食べる。路端の野良ガパオライス。チャオプラヤ川で溺れませんように。

ガパオの香りが甘やかな、これを求めてタイに来た タイ・ティー・ア・ラ・モード 豚をカリカリにあげたやつ 雑居ビルのバーでタイの植物を漬けたカクテルを飲む KPOP鳴り響く、カオサンロードの夜は長し タバコの匂い、チャオプラヤ川に寺が輝く バンコクで…

一泊二日、ホーチミンを食べる。全てが可能なベトナムの混沌の夜。後

行くあてもない二人、カフェマンションへ行く ホーチミンが手を振る広場へ 雨上がり、ライムを絞ってブンボーフエ 加藤と別れのミルクコーヒー ベトナムといえば、バインミー コムガー、チキンにライスは普遍的なうまさ ふたたび共産カフェで甘酸っぱいライ…

通勤列車における鼻息スピー事件

朝、電車に乗った。通勤というやつである。通勤における主要な問題は座席をめぐる戦いである。空席は、自らの意思、体調、気分とは全く関係なく展開される。朝の占いのようなもので、運の良い時は、パッと座れたり、もう全くついていない時には、そこかしこ…

酒の季節

炭酸水メーカーが非常に優秀だった。暑い時期に、冷蔵庫から水を出して、しゃーとボタン一つで炭酸水を作り、冷凍庫に貯蔵されているジンとかウイスキーを割って飲むのだ。これが大変よい。手軽であるし、なにより、捨てねばならないペットボトルが量産され…

一泊二日、ホーチミンを食べる。伊勢うどんに影響を受けたベトナム麺料理 カオラウとは 前

フランスパンにパテを塗って朝食を 伊勢うどんがルーツという噂、カオラウを食べる ベトナム戦争では日本人記者が活躍していたらしい 紳士的ココナッツジュース詐欺 共産主義の意匠をまとった共産カフェでベトナムコーヒーを さあ、思いっきりバスを叩け! …

二泊三日、ソウルを食べる。辛くても、辛くなくても美味い韓国料理。

食堂で、まずはやはりキムチがうまい 韓国では、ビールとチキンを合わせて食べることをチメクと言うらしい 夜にキンパの丸かじり 朝、干し鱈のスープ、プゴクを 大雨のソウル歴史博物館 卵がうかぶ韓国の伝統茶、サンファ茶 のせて、包んで、辛くてうまい、…

12万年ぶりの暑さで、高熱で、解熱剤がないということ

起きると、昼であった。体が重かった。汗はかいておらず、しかし、とても暑かった。脳が布団から体を起こそうとすると、体はそれを拒否した。 側に転がっていた、体温計で熱を測ると、40.3度であった。え、しかし、誤測定ということもあるかもしれないと、少…

千葉内房に根付く九州スタイルとんこつラーメン。製鉄業と共に、数万の九州人が移住した街、君津へ。

木更津にて作戦会議、コーヒーハウスラビン 九州ラーメン友理にて、とんこつラーメンを食べる 君津の町を徘徊する。 熱中症の危機 九州ラーメン日吉で、古典的とんこつラーメンを食べる 三連休暇だったので、とりあえず、千葉に行ってみるかと思って、家を出…

天変地異をおさめるために、埼玉のかくれ名物、なまずを食べにいく

金色のなまず像からはじまる 埼玉の吉川ではなまずを食べて結納をするらしい なまずコースの衝撃 大雨であたりは冠水状態に 全てがなまずになる なまず養殖場へ向かって 埼玉を北へ 埼玉の失われた太古の海へ 松伏のそば処桂で鴨を食べる そしてなまずへと帰…

さらば、ツイッターと過ごした13年

大学に入学し早々にTwitterのアカウントを作った。mixiは3日でやめ、instagramも一週間続かず、Facebookは永年停止気味なのだが、Twitterだけは、何年も使い続けてきた。 大学生活とTwitterの相性は悪魔的である。午前中に可能な限り授業を入れないことで、…

一泊二日、群馬を食べる。下仁田ネギと豚肉のすき焼き。

甘やかな下仁田ネギと豚肉のすき焼きを食べに群馬へ向かう 真昼間、高崎のスナック 街をほっつき歩く 喫茶コンパルにてアイスティー 高崎電気館で古めかしい椅子に座り、チャップリンの映画を見る 群馬はグルーバル化の先端地域だった 群馬にはカツ丼の店が…

結婚式前夜、なぜか香川県のディスコで、クイーンとステップを踏んだ

それは友人の結婚式前夜だった。式場は、香川県は高松市で、金曜に有給が取れたので、前日に高松入をしていた。大学の先輩も結婚式に出るというので、神戸で落ち合い、高松までバスで移動した。 高松は少し肌寒く、少しばかり雨が降っていた。薄着できてしま…